Number ExBACK NUMBER

藤井聡太二冠が「最後に泣いた相手」? “最年少棋士”伊藤匠新四段(17歳)とは

posted2020/09/17 18:00

 
藤井聡太二冠が「最後に泣いた相手」? “最年少棋士”伊藤匠新四段(17歳)とは<Number Web>

3段リーグを勝ち抜き、10月に新四段に昇格する伊藤匠

text by

勝又清和

勝又清和Kiyokazu Katsumata

PROFILE

 三段リーグを勝ち抜き、10月からプロ棋士となる伊藤匠新四段。藤井聡太二冠と同じ2002年生まれだが、誕生月が3カ月遅い伊藤が“現役最年少棋士”となる。
 伊藤匠新四段とはどんな棋士なのか? 伊藤が7歳のとき、初めて出会ったという勝又清和七段が綴る。

 2010年夏、「ときんの会親子将棋合宿」で伊藤匠新四段(17歳)と初めて出会った。これは保護者の方々の手作りの合宿で、手合や進行も全て親がこなした。伊藤の父親の伊藤雅浩さんも弁護士業の激務のなか一緒に参加し、手合係をこなし、自らも将棋を楽しんだ。

 伊藤は「たっくん」と呼ばれ小学2年ながら有名な存在だった。利発で負けず嫌い、終盤が特に強かった。私が作った詰将棋などは秒で解かれてしまう。とにかく将棋が大好きで、ライバルの“こーせー君”こと川島滉生君と何番も何番も指していた。

 たっくんは小学生大会で大暴れする。この合宿の約3週間後、全国小学生倉敷王将戦低学年(1~3年)の部で2年生で準優勝する(翌年優勝したのが藤井聡太現二冠である)。

 そして同年11月、JT子ども大会東京・低学年の部で2年生で優勝。見るたびにたっくんは強くなっていた。 

藤井聡太が「最後に泣いた相手」?

 2012年1月、私はある子ども大会の見学に行った。親子合宿に来ていた子どもたちがたくさん参加していたからだ。この大会は小学1年~6年まで学年別にトーナメントを行い、各学年で1位、2位になると、合計12人でのグランドチャンピオントーナメントに進む形式だった。

 子どもたちの戦いぶりを見て回っていると、突然大きな泣き声が会場に響いた。おや、対戦相手はあの「たっくん」じゃないの。

 そしてたっくんの正面で泣いていた子こそ藤井聡太だった。

【次ページ】高校1年1学期で中退

1 2 3 4 NEXT
伊藤匠
藤井聡太
羽生善治

ゲームの前後のコラム

ページトップ