進取の将棋BACK NUMBER

“藤井聡太ブーム”の喜びと危機感はラグビー&なでしこと共通 中村太地七段が語る将棋とメディア

posted2020/09/11 18:00

 
“藤井聡太ブーム”の喜びと危機感はラグビー&なでしこと共通 中村太地七段が語る将棋とメディア<Number Web> photograph by Kyodo News

藤井聡太二冠の活躍に沸く地元の愛知県瀬戸市。この全国的なブームを真の人気に定着させるため、各棋士は信念をもって今を過ごしている。

text by

中村太地

中村太地Taichi Nakamura

PROFILE

photograph by

Kyodo News

NumberWebでは将棋の“競技的”な側面を中心に、王座獲得経験のある中村太地七段に将棋の奥深さについて定期的に語ってもらっている。第2回は「Number」将棋特集号の発売に絡めて「棋士とメディア」の関係性について。

 大きく話題になっている「Number」の将棋特集……本当にうれしい限りです。

 私自身、一読者としても「Number」は興味深い特集が多く、「メンタル・バイブル2020」などはまさに私たちの世界と共通するな、と感じていました。

 スポーツについて私は全競技のライトなファンですが、その雑誌に佐藤天彦さんとの対談で取材を受ける立場となったのだから……私自身も記念になるので、うれしい限りです。将棋界にいるからこそ気づけない、“スポーツと通ずる”という視点で取り上げてもらって「なるほど」と思うことが多かったです。

 この特集を機に、将棋を知ってくださる人も相当多いのではないかと考えています。それが一番、うれしいですね。

 さて藤井(聡太)二冠の活躍や将棋特集もあったことですし、今回は「将棋棋士とメディア」について――その背景や私たちの思いをお伝えできればと思います。

将棋とメディアとの関わり、歴史

 まずは大まかになりますが、メディアとの関わり、その歴史について。

 長年にわたって、タイトル戦などの棋戦を主催してくださっているのは各新聞社です。将棋の観戦記を紙面で掲載するなど「将棋を観る」文化の先駆けだと思いますし、対局や棋士の情報を報じ続けてくださり、ずっと将棋界を支えてくださっています。

ここ近年、藤井二冠をはじめ注目度の高い対局には数多くのメディアが集まる。

 雑誌はもちろん、ここ数年は書籍でも棋士のパーソナルな部分にフィーチャーした本も増えていますし、丁寧に取材した上での発行物を楽しんでくださる人も増えたと聞きます。そういったメディアの方々の支えが、将棋ファンとのつながりとなり、懸け橋になっていると実感しています。

【次ページ】 大きかったインターネットの普及

1 2 3 4 5 NEXT
藤井聡太
羽生善治
佐藤天彦
加藤一二三

ゲームの前後の記事

ページトップ