競馬PRESSBACK NUMBER

新潟記念に3歳で挑戦のワーケア。あのグランプリホースの再来か?

posted2020/09/04 19:00

 
新潟記念に3歳で挑戦のワーケア。あのグランプリホースの再来か? <Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

18年の有馬記念を制したブラストワンピース。鞍上の“グランプリ男”池添謙一は歴代最多となる同レース4勝目を挙げた。

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph by

Satoshi Hiramatsu

 今週末は全国で3つの重賞が行われる。土曜日の札幌で札幌2歳S(GIII)、日曜の小倉で小倉2歳S(GIII)、そして同じ日の新潟で行われるのが新潟記念(GIII)だ。

 2年前の2018年、この新潟記念を制したのがブラストワンピース(美浦・大竹正博厩舎)だった。

「第一印象はナスに棒を刺したような感じでした」

 大竹調教師がそう語ったのがブラストワンピース。しかし、2歳となった17年の11月に東京競馬場でデビューすると、この1800メートルの新馬戦を快勝。年が明け、3歳初戦のゆりかもめ賞(3歳500万下条件)も連勝すると、続く毎日杯(GIII)では初の重賞出走にもかかわらず1番人気の支持を受けた。

「ジョッキーも先々を考えて厳しい競馬をさせてくれました」

 指揮官がそう評する競馬は、インの狭いところを突いて抜け出す形。結果、これを制してデビュー以来3戦3勝。一気にこの年の3歳クラシック戦線の主役級に躍り出た。

ブラストワンピースの弱点。

 しかし、当時のブラストワンピースには大きな弱点があった。一度、レースに使うと反動が大きく、リカバリーするまでに時間を要したのだ。そのため間を開けつつ慎重にレースを選択しての3連勝。毎日杯を優勝した後も皐月賞(GI)には向かわず、日本ダービー(GI)に直行する事にしたのだ。

 アクシデントがあって予定が狂い、ダービーに直行せざるをえなくなったわけではなかった。最初から間を開けようという事での臨戦過程だった。だから良い状態で仕上げる事が出来た。2番人気の支持も受けた。しかし、現場で思わぬ事態に見舞われたと指揮官は苦笑する事になる。

【次ページ】 馬房で待機しているまでは……。

1 2 3 NEXT
ブラストワンピース
ワーケア

競馬の前後のコラム

ページトップ