SCORE CARDBACK NUMBER

佐藤琢磨、インディ500制覇。“2度目”の重みとは。

posted2020/09/03 15:00

 
佐藤琢磨、インディ500制覇。“2度目”の重みとは。<Number Web> photograph by Getty Images

世界最大の動員数を誇る大レースも今年は無観客。それでもファンと約束した「グリコ」ポーズを世界に届けた。

text by

今宮雅子

今宮雅子Masako Imamiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 時速350kmを超えるスピードで走りながら、あらゆる局面で適切な判断を下し、終盤の大勝負に向かって万全の態勢を整えていく。それがとてつもなく難しいことは、1911年以来104回のレースを重ねてきて、複数回の勝利を実現したドライバーがわずか20名という事実が示している。

 8月23日、佐藤琢磨が'17年以来のインディ500制覇を果たしたとき、地元メディアはこの“2度目”に重きを置き、主催者の公式サイトは「さらに高いレベルの不朽の偉業」と称賛した。運にも左右されるレースにおいて、2度の勝利は500マイルの勝ち方を完全に掌握したドライバーであることを証明する。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 613文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

佐藤琢磨

モータースポーツの前後のコラム

ページトップ