SCORE CARDBACK NUMBER

再開シーズンの激闘で得た
八村塁の「逃げない覚悟」。

posted2020/08/29 15:00

 
再開シーズンの激闘で得た八村塁の「逃げない覚悟」。<Number Web> photograph by Getty Images

ルーキーイヤーを終えた八村。チームはプレイオフ進出はならなかったものの、来季へ向けて手ごたえも掴んだ。

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph by

Getty Images

 八村塁(ワシントン・ウィザーズ)が最初にバスケ選手として自信を持ったのは、競技を始めて2年目、日本バスケットボール協会が開催したU-14トップエンデバーに選ばれ、参加したときだった。ほぼ初心者だったが、全国から集まってきた同年代のトッププレイヤーたちを相手に「ここでもできる」と手ごたえを感じたという。

 以来、そんな経験を何度か繰り返してきた。U17やU19の代表メンバーとして世界の強敵と対戦したとき。アメリカに渡り、強豪ゴンザガ大の一員となったとき。ドラフト1巡目指名でNBAに入ったとき。上の世界を体験することでそのレベルを知り、吸収し、成長してきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 611文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

八村塁
ワシントン・ウィザーズ

バスケットボールの前後の記事

ページトップ