Number ExBACK NUMBER

野茂英雄×山中伸弥。
異色のパイオニア対談が実現!

posted2020/08/20 11:50

 
野茂英雄×山中伸弥。異色のパイオニア対談が実現!<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama/Takashi Shimizu

オンラインで初対談をした野茂英雄と山中伸弥。野茂がメジャーデビューした1995年当時、山中はサンフランシスコで研究に勤しんでいた。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama/Takashi Shimizu

 Number最新号『メジャー挑戦25周年 こんな夜に野茂英雄が読みたい』で、先駆者・野茂英雄とノーベル賞受賞の研究者・山中伸弥のパイオニア対談が実現した。

 東京と京都――リモートでのオンライン初対談となったが、25年前、ふたりには意外な“接点”があった。

 1995年5月2日、サンフランシスコのキャンドルスティックパーク。先発でマウンドにあがった野茂は、5回を1安打無失点に抑える好投を見せた。その後、6月2日の初勝利を皮切りにトルネード旋風を巻き起こし、13勝6敗でナ・リーグ新人王と最多奪三振に輝いて日米ファンの心を鷲掴みにした。

 ちょうどその頃、山中はサンフランシスコのグラッドストーン研究所に研究員として留学していた。同僚に日本人はひとりもおらず、少し委縮しながら研究を続ける中で、野茂の目覚ましい活躍は、山中の心の支えになったという。

「今回の対談では、まず野茂さんに感謝の気持ちをお伝えしたいと思っていたんです。野茂さんの活躍はアメリカ人の心もとらえて、毎日のようにその話題で盛り上がりました。日本人として得をした気分になると同時に、僕自身とても勇気づけられました」

 野茂は「僕はただ、楽しんで野球をしていただけなんです」と語るが、メジャー挑戦を表明した当時は日本球界の反逆児とみなされ、逆風の中でアメリカ本土へ渡ったのだ。

直線と、回旋、そしてジャンプ。

「新日鉄に入るのも、プロで近鉄に入団するのも選択肢があったわけでなく、そこしかなかったのですが、アメリカに行く時だけは自分で決めて自分で選んだ。そこは回り道をせず直線的に進んだなという感じはします」

 一方の山中は、自分の人生を回り道をしながら進む「回旋的人生」と位置付ける。それに比べて野茂の人生は「直線的でなおかつ大ジャンプがあった」と評す。

「普通の人は怖くて飛べないところを飛んでしまった」

 話は人生論から、山中の専門分野であるiPS細胞の未来、野茂の代名詞となったトルネード投法の独自性、そしてコロナについてまで多岐に及んだ。

 まったく違う分野とはいえ、その道の最前線を歩んできた者同士が共鳴した70分の対話だった。

Number1009号「メジャー挑戦25周年 こんな夜に野茂英雄が読みたい」では、野茂英雄インタビュー&山中伸弥との対談を始め、清原和博、秋山幸二、黒田博樹、古田敦也、朴賛浩、佐野元春、オマリー会長など多数の証言で野茂英雄を大特集しています。
巻頭インタビュー「僕がブレずに貫いてきたもの」では、メジャーに挑戦したときの心境と覚悟が綴られています。25年を経た今だからこそ、野茂英雄とトルネード投法を堪能してください。
<メジャー挑戦25周年 完全保存版>こんな夜に野茂英雄が読みたい。

関連記事

野茂英雄
山中伸弥

MLBの前後の記事

ページトップ