Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<巻頭インタビュー>
野茂英雄「僕がブレずに貫いてきたもの」

posted2020/08/20 07:30

 
<巻頭インタビュー>野茂英雄「僕がブレずに貫いてきたもの」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

25年前、メジャーリーグに挑んだ野茂英雄。アメリカを席捲した男の信念が今も人の心を打つ。

text by

鈴木忠平

鈴木忠平Tadahira Suzuki

PROFILE

photograph by

Takuya Sugiyama

2020年8月某日、野茂英雄は灼熱の炎天下の中、静かに姿を現した。26歳の剛腕が、トルネードを武器にメジャーデビューを果たし、アメリカを席捲してから四半世紀が経つ。51歳の彼はあの頃の自分に何を見るのか。ただひたすらに腕を振ることで時代の閉塞感を打ち破り、道なき道を切り拓いた男の挑戦心と勇気、信念に迫る。

「体が元に戻れば、現役に戻りたいですよ」

と野茂さんは言った。あはは、ご冗談を、と笑う空気にはならなかった。

「引退してからもずっと野球をすることに飢えていましたから」

 言葉の奥に微かな本気が潜んでいる。

 そういえば野茂さんは、日本が誇る細胞学の権威に何やら訊きたいことがあるらしい……。いや、そんなこと無理だろう……。でも、もしかしたら……。そう思わせるところがこの人には確かにある。

 2020年。まもなく52歳になる野茂さんは、あの頃と同じように「できるか、できないか」でなく「やりたいか、やりたくないか」を物差しに生きていた。

――野茂さんがアメリカ大リーグに渡ってから25年です。まだ日本球界にメジャー移籍のルールがない時代、懐疑的な視線と逆風の中での挑戦でしたが、あらためて恐怖はなかったのでしょうか。

「英語もわかりませんし、誰かに助けてもらわないと生きてはいけなかったので、私生活に不安はありましたけど、マウンドに上がることそのものには全く不安がなかったんです。とにかくメジャーのマウンドに上がりたい。その気持ちが強くて、不安とか感じませんでした。スタジアムにいることが一番楽しかったですから」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 7683文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

野茂英雄
ロサンゼルス・ドジャース

MLBの前後の記事

ページトップ