SCORE CARDBACK NUMBER

NJCを制した暗黒の王EVILは
オカダに次ぐ新たな波となるか。

posted2020/08/05 07:30

 
NJCを制した暗黒の王EVILはオカダに次ぐ新たな波となるか。<Number Web> photograph by Getty Images

NJC初優勝に続き、内藤との二冠戦も制したEVIL。アメリカ修業から凱旋帰国して5年、33歳で頂点に立った。

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

Getty Images

 悪のヒーローが王座に。新日本プロレスの歴史に新たな“黒い”1ページが刻まれた。

 7月11日、本来は春に開催される予定だったニュージャパンカップ決勝戦が、大阪城ホールで行われた。約4カ月ぶりに観客を入れての興行。通常、大阪城ホール開催では1万以上の観客席を用意するが、今回は3分の1に制限。発表された観客数は3318人だった。

 注目のトーナメント決勝は、前年覇者のオカダ・カズチカと内藤哲也率いるロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン(LIJ)のEVILが激突。ゴングが鳴ると、なんとEVILが反則の仕放題。イス攻撃、急所打ちを見舞ってオカダを沈め、初優勝を飾ると、LIJを脱退、悪のユニット「バレットクラブ」への電撃加入も表明した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 572文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

新日本プロレス
EVIL
オカダ・カズチカ

プロレスの前後のコラム

ページトップ