パラリンピックPRESSBACK NUMBER

小須田潤太がパラ五輪で超えたい壁。
山本篤との出会いで、夏も冬も――。

posted2020/07/18 19:00

 
小須田潤太がパラ五輪で超えたい壁。山本篤との出会いで、夏も冬も――。<Number Web> photograph by Kentaro Hisadomi

100走、走り幅跳び、そしてスノーボードでパラリンピックを目指す小須田潤太。目標はパイオニア山本篤を超えること。

text by

細江克弥

細江克弥Katsuya Hosoe

PROFILE

photograph by

Kentaro Hisadomi

 小須田潤太は、東京パラリンピック出場を目指すアスリートである。

 競技種目は2つ。2020年7月時点で世界ランキング13位の100メートル走と、同8位の走り幅跳び。2019年のジャパンパラ陸上ではいずれも銀メダルを獲得しており、国内においては偉大なるパイオニア・山本篤に次ぐ実力者として頭角を現している。

 ところが、それだけじゃない。

 季節が冬を迎えると、彼はスノーボードを装着して雪山に立つ。1対1の対戦方式でスピードを競う「クロス」は世界ランキング4位、3回の滑走でベストタイムを競う「バンクドスラローム」は同15位。やはり、いずれも世界トップランカーだ。

 ということは、つまり。

 来年の夏と再来年の冬。もしかしたら小須田は、わずか半年間で2度もパラリンピックに出場するかもしれない。そんなことが本当に可能なのだろうかという疑問から、彼への興味はふつふつと湧いてきた。

21歳、仕事中の事故で。

 すべてのことは、わずかな時間で起きた。

 2012年3月。21歳。仕事中の事故で右脚を失った。

 3年半後の2015年8月。24歳。「軽い気持ち」でランニングクリニックに参加した。

 その数カ月後、彼はユニフォームを着てレースを走った。

「なんの夢も目標もない、ただ生きているだけのダメなヤツ」。自身の10代をそう振り返る小須田にとって、驚くほどスピーディーで、とんでもなく大きな変化だった。

【次ページ】 “つらい過去”と捉えていない。

1 2 3 4 NEXT
小須田潤太
山本篤
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ