Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

「辛い心」を乗り越える
<独占インタビュー>
池江璃花子「何があっても」

posted2020/07/16 07:30

 
「辛い心」を乗り越える<独占インタビュー>池江璃花子「何があっても」<Number Web> photograph by Shin Suzuki

絶望の淵をさまよった池江璃花子に笑顔があふれた。

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph by

Shin Suzuki

白血病との闘い、その末の退院から7カ月――。「泳ぎ続ける」と覚悟を決めた天才スイマーは、パワフルになり、とびきりの笑顔で戻ってきた。いかにして、そのメンタルを立て直したのか。絶望の淵をさまよった彼女の言葉に耳を傾けた。

 窓から注ぐ自然光がプールに反射している。水面がキラキラと輝いている。

 6月下旬、都内にある日本大学水泳部のプールに池江璃花子を訪ねた。

「おはようございます!」

 梅雨の合間の太陽に目を細めながらやってきた彼女は、こちらを見つけると、張りのある声で挨拶をしてくれた。

 色の白さは際立っている。腕、脚は細い。それでいて何よりも視線を引き寄せるのは、まぶしい笑顔だ。

 アップ用のカラフルな水着を身にまとってロッカールームから出てきた池江は、入念なストレッチで体をほぐした後、まずはチームメイトたちとエアロバイクで軽めのインターバルトレーニングを行なった。

「サドルが低いから上げたら?」

 池江が仲間のサドルの調節を手伝う。以前と変わらず、リーダー的な存在のようだ。

 エアロバイクが終わると、いよいよプールでのウォーミングアップが始まった。ところが、軽快なストロークで水面をかき分けているのが見えたのも束の間、池江は他の選手より早めにアップを切り上げた。そして、何やら意味ありげな笑みを浮かべた。

 この日の中心メニューはタイム測定だった。レース用の水着に着替えて再びやってきた池江は、プールの片隅に1人で座って集中力を高めている。スタッフに尋ねると、やけに短いアップは、調子が良いときの池江特有のルーティンだという。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6515文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

メンタル・バイブル2020

Sports Graphic Number 1007

メンタル・バイブル2020

 

池江璃花子

水泳の前後の記事

ページトップ