All in the Next ChapterBACK NUMBER

飯塚翔太、走る場所を探した3カ月。
四継メンバーで“リモート”リレーも。 

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph byAsami Enomoto/JMPA

posted2020/07/12 11:50

飯塚翔太、走る場所を探した3カ月。四継メンバーで“リモート”リレーも。<Number Web> photograph by Asami Enomoto/JMPA

飯塚(右)がリオ五輪の4×100mリレーで銀メダルを獲得してから4年。自粛期間中にパワーアップを果たした。

支えになったのは、あの4人。

 日本の大会も無ければ、海外の大会もない。次に向かうべきレースがない……ほとんどの陸上選手が初めて経験する、極めて不安定な感覚だった。

「心の動きをどう安定させて、次に走れる大会が決まった時に、柔軟に対応できるか……なかなか難しい作業でした。モチベーションの保ち方、トレーニングへ向かう時の気持ちのスイッチの入れ方など、考えることは多くありました。そんな中で、リオ五輪のリレーメンバーとの情報交換は自粛期間中、本当に支えになりました」

 4年前、日本陸上界にとって歴史的快挙となった男子4×100mリレーの銀メダル獲得。飯塚ら、あの時のメンバー4人は声を掛け合って、リモートという形ではあったが全員が集った。情報交換しただけでなく、士気を高め合い、さらには陸上ファンに向けて、バトンを用意し、リモート内で仮想リレーも披露した。

再開初戦は故郷・静岡で。

「今、ようやく次に走る大会が決まりました。僕の故郷、静岡の大会です。静岡県選手権という、静岡出身のナンバーワンを決める大会です」

 飯塚はおそらく、もう一度原点に返るという意味でも、シーズン再開後の最初の大会を地元のレースに定めたのだろう。

「いやあ、かなり楽しみですね。身体を大きくして、出力を上げることに成功したと思います。年齢的にも今が一番いいと、僕は思っています。100m、200mで自己最速を出せるとイメージしています。コロナの期間をアスリートとしてプラスに解釈し、精神的にも肉体的にも上手くトレーニングできた選手が今年、来年は結果を残すような気がします。そのあたり、僕は自分自身に期待しています」

 先月29歳になった飯塚翔太。リオ五輪後の陸上短距離界では、21歳のサニブラウンや25歳の小池祐貴らが台頭した。ベテランの域に向かう飯塚が自分の武器は世界に負けない身体のサイズであり、さらにサイズを大きくすることが勝機だと考えたのであれば、どんな結果が出るのか非常に興味深い。

 新型コロナウイルスの影響によって止まっていた3カ月が、陸上界に何をもたらすのか。いよいよ、スプリンターたちの2020年シーズンが始まる。

関連記事

BACK 1 2
飯塚翔太
山縣亮太
桐生祥秀
ケンブリッジ飛鳥
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ