JリーグPRESSBACK NUMBER

谷口彰悟、“優等生”からの脱皮。
フロンターレで模索するリーダー像。 

text by

林遼平

林遼平Ryohei Hayashi

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2020/07/05 11:50

谷口彰悟、“優等生”からの脱皮。フロンターレで模索するリーダー像。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

J1再開初戦、攻守に渡る活躍で勝利に貢献した川崎DF谷口彰悟。今季からキャプテンとしてチームを牽引する。

中村憲剛、小林悠から継いで。

 これまで主将を務めた中村憲剛、小林悠という偉大な先輩たちから引き継ぎ、今季からキャプテンマークを巻く谷口。ピッチ上の監督になれる中村や、結果でチームを牽引する小林とは全く異なるタイプだが、彼にしかできないキャプテン像がある。後ろから声でチームをまとめ、周りの意見を集約しながらチームの意志を1つにさせる。それは若手からベテランまで多くの選手と対話ができ、さらに常に周りを見渡しながら冷静にプレーを続けられる谷口だからこそできることだ。

 鹿島戦後、キャプテンとして意識したことについて自身の考えを明かしている。

「再開に向けて練習試合を何試合かやりましたけど、そこで出た課題が今日も出そうなところがあった。そういう時にしっかり声をかけながら、どう試合を進めていくかは意識して取り組んでいました。今日は交代選手を含めアグレッシブなサッカーができたと思っています」

 再開初戦で手にした1勝。それは厳しく、大変なシーズンがリスタートしたことを意味している。

 キャプテンとして、1人の選手として「限界を破るチャレンジ」は、谷口をどこまでのし上げるか。「イケメン」のように容姿で語られるのではなく、プレー面でさらなる称賛を受けるような、進化した谷口が見られることを期待している。

関連記事

BACK 1 2 3
川崎フロンターレ
谷口彰悟
中村憲剛
小林悠

Jリーグの前後の記事

ページトップ