Number NewsBACK NUMBER

丸ホームラン2本を含む猛打賞で6打点の大活躍!
巨人・原辰徳監督は長嶋茂雄に並ぶ通算1034勝目。 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2020/07/04 16:45

丸ホームラン2本を含む猛打賞で6打点の大活躍!巨人・原辰徳監督は長嶋茂雄に並ぶ通算1034勝目。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

6打点の活躍を見せた巨人・丸佳浩[撮影別日]

<7月4日 セ・リーグ>
巨人 7-3 中日

中  0 0 0 0 0 3 0 0 0 : 3
巨  3 1 0 0 2 0 1 0 × : 7

 勝:鍬原拓也 1勝

 負:吉見一起 1勝2敗

 巨人は1回裏、いきなり無死一、二塁のチャンスを迎えると、3番・丸佳浩が中日先発・吉見一起から体勢を崩しながらライトスタンドに運ぶ3ランで先制すると、2回裏には坂本勇人が吉見の初球を左中間へ運び、2試合連続となるホームランで1点を追加した。5回裏にも中日2番手・鈴木博志から丸がこの日2本目も飛び出し、試合を優位に進めた。

 6点を追う中日は6回表、満塁のチャンスから大島洋平、ビシエドのタイムリーで3点差に迫ったが、その後は沈黙。巨人は好投の先発・田口麗斗が3回で降板するアクシデントがあったが、ここ2試合の先発陣の活躍に奮起したリリーフ陣が粘りを見せて逃げ切りに成功。原辰徳監督は最後に澤村拓一をマウンドに送り込んだ。

 丸の6打点の大活躍もあり、中日に勝ち越した巨人。試合後のインタビューで丸を「100点満点」と褒めた原監督はこれで長嶋茂雄氏(読売ジャイアンツ終身名誉監督)に並ぶ監督通算1034勝目となった。

関連コラム

読売ジャイアンツ
中日ドラゴンズ

ページトップ