Number NewsBACK NUMBER

ソフトバンク、バレンティンの2本塁打で勢いに。
バンデンハーク7回までノーヒットの好投、西武戦連勝! 

text by

NumberWeb編集部

NumberWeb編集部Sports Graphic Number Web

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2020/06/25 20:50

ソフトバンク、バレンティンの2本塁打で勢いに。バンデンハーク7回までノーヒットの好投、西武戦連勝!<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

ソフトバンク・工藤監督

<6月25日 パ・リーグ>        

西武 2-4 ソフトバンク

 

ソ  0 1 0 1 0 1 0 0 1 : 4

西  0 0 0 0 0 0 0 2 0 : 2

 勝:バンデンハーク 1勝0敗  

 S:森唯斗  0勝0敗2S  

 負:本田圭佑  0勝1敗

 ソフトバンクは25日、メットライフドームで行われた西武戦を制した。

 打ち合いとなった24日から一転、先発したソフトバンクのバンデンハークが好投を見せ、7回裏までをノーヒットノーランに抑える展開となった。

 2回表、ソフトバンクのバレンティンがソロホームランを放ち先制。その後4回表にもバレンティンが豪快なスイングを見せ、再び本塁打を放った。さらに6回表には川島慶三がソフトバンクで3本目の本塁打を放ち、試合を優位に進めた。

 一方の西武は8回裏、山川穂高がバンデンハークのノーヒットを止めるとその後も出塁が続いた。栗山巧のピッチャーゴロでついに1点を返し、続く木村文紀の左前安打で1点を追加。西武はこの回2点を返し追い上げを見せた。

 逃げ切りたいソフトバンクは9回表、松田宣浩が10打席ぶりのタイムリーツーベースで追加点をあげ、リードを広げると、続く9回裏には森唯斗が好投を見せて逃げ切った。

関連記事

埼玉西武ライオンズ
福岡ソフトバンクホークス

ページトップ