Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<最強打者の矜持>
中村剛也「狙って打つなら一番にならないと」

posted2020/06/20 11:30

 
<最強打者の矜持>中村剛也「狙って打つなら一番にならないと」<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

過去6度の本塁打王に輝いた天性のホームランバッターは、昨季、史上20人目の通算400本塁打の偉業を達成した。試行錯誤の末に辿り着いた打撃の境地と技術。稀代のホームランアーチストは今季も自然体で打席に臨む。(Number1005号掲載)

 メジャー屈指の好投手としてサイ・ヤング賞候補に毎年挙がるダルビッシュ有が動画サイトYouTubeに投稿した動画で「日本時代すごいと思った打者」3人について語った。そのうちの1人として紹介されたのが中村剛也で、曰く「日本の歴史にはあまりいないタイプ。どの球種を狙っているか読み取れない」と評していた。

 ホームラン王6度。打点王4回。中村は掛け値なしに、記録にも記憶にも名を残す最強バッターだ。通算満塁本塁打20本はプロ野球史上最多で、本塁打を記録した投手数231人も球界屈指の記録だ。凄まじいという言葉しか出てこない。

 しかし、中村は自身が“最強バッター”と呼ばれることに少しの抵抗感を口にする。

「長く野球をやっているからそう言われるだけで、僕なんて全然っすよ。最強バッターとはホームランが打てて、打点を稼げて、率も残せる選手。ホームランと打点はまぁまぁの成績っすけど、それ以外がショボい」

 自身の考える最強バッターが持つ要素のうち2つをクリアーしているにもかかわらず、ショボいと言う。だが、この謙遜とも、照れ隠しとも聞こえる言葉にこそ、中村のアーチストとしての矜恃がある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2383文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

埼玉西武ライオンズ
中村剛也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ