SCORE CARDBACK NUMBER

元レアル選手がAIで医療貢献。
読書家グラネロの“先見の明”。

posted2020/06/19 18:00

 
元レアル選手がAIで医療貢献。読書家グラネロの“先見の明”。<Number Web> photograph by Getty Images

ペジェグリーニ時代のR・マドリーでMFとして先発の座を掴んだグラネロ。今年1月までエスパニョールに所属。

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

Getty Images

 スペインの経済紙「エクスパンシオン」に、〈コロナ後の経済を立て直すスペインの起業家たち〉という特集があった。そこで取りあげられていたのが、元レアル・マドリーのエステバン・グラネロが立ち上げた会社、オロシップだ。

 今年1月から3部リーグのマルベージャでプレーするグラネロがこの会社を立ち上げたのは5年前のこと。AIをスポーツに取り入れることを目的とし、AIのエキスパート2人と共に事業をスタートした。AIが導き出したデータをピッチ上や選手獲得時に活用する方法を提供して着実に知名度を上げてきたが、コロナウイルスが転機に。同社はAI技術をウイルスの感染経路、地域ごとの影響度の予測に使い、医療崩壊に先手を打つため情報を各機関に提供した。グラネロは言う。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 587文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ライオンズ70周年完全保存版獅子の遺伝子

関連記事

エステバン・グラネロ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ