Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<時代が生んだ最強コンテンツ>
鈴木啓太/ロブソン・ポンテ「J版銀河系の絶頂」
2006 浦和レッズ

posted2020/06/09 08:00

 
<時代が生んだ最強コンテンツ>鈴木啓太/ロブソン・ポンテ「J版銀河系の絶頂」2006 浦和レッズ<Number Web> photograph by J.LEAGUE

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

日本代表をベンチに座らせる分厚い選手層と、1試合平均でも4万5000人超が集ったサポーター。まさに隆盛を極めていた浦和レッズの1年を攻守におけるふたりの中心人物が振り返った。(Number1004号掲載)

選手投票 第3位
読者投票 第4位

 机の上に置かれた2006年シーズンの戦績表に手を伸ばし、しばらく考え込んだ鈴木啓太が挙げたのは、7節のアビスパ福岡戦(〇1-0)、11節のジェフ千葉戦(●0-2)、23節のサンフレッチェ広島戦(〇2-1)、30節の横浜F・マリノス戦(〇1-0)だった。

 リーグ優勝を決める最終節以外でポイントになったゲームはどれですか――。

 その問いかけに対する答えである。

 シーズン開幕から8戦無敗でスタートダッシュに成功し、25節で5度目の首位に立つと、それ以降は首位の座を譲ることなく最終節を迎え、2位のガンバ大阪を叩いて力強く初のリーグタイトルを掴み取った。

 だから、この年の浦和レッズに「歴代最強チーム」という印象を抱くファンが多いのも、当然のことだろう。

 ところが、鈴木が挙げたラインナップは意外なものだった。この4試合は、いずれも浦和が苦しんだ試合なのである。

「選手層や選手の実力、積み重ねてきたものを考えると、優勝しなければいけないシーズンだったと思います。ただ、サッカーの質で言えば、いつも素晴らしかったわけではない。そういう意味では、内容よりも結果にこだわるチームでした。あと、多くの方が最強だと思ってくれているのなら、もうひとつ要因があると思っていて……」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 5172文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

現役Jリーガー100人が選んだ史上最強チームを語れ。
浦和レッズ
鈴木啓太
ロブソン・ポンテ

Jリーグの前後の記事

ページトップ