濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

無観客試合で異例のデビュー戦。
“時代”と生きるレスラー石川奈青。

posted2020/06/04 19:00

 
無観客試合で異例のデビュー戦。“時代”と生きるレスラー石川奈青。<Number Web> photograph by Norihiro Hashimoto

観客「なし」と「あり」、2段階のデビューとなる石川奈青。この時期のデビューは業界にとってポジティブな出来事だ。

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph by

Norihiro Hashimoto

 女子プロレス団体アイスリボンの新人レスラー、石川奈青(いしかわなお)は5月4日にデビューした。ゴールデンウィーク、というより緊急事態宣言真っ只中にプロレスラーとして産声をあげたのだ。無観客大会でのデビュー戦であり、今のところファンの前での公式戦を経験していない。

 もともと、アイスリボンは5月4日に横浜文化体育館でのビッグイベントを予定していた。しかし緊急事態宣言を受けて大会が延期に。石川のデビューもいつになるか分からなくなった。

 すでに昨年8月の段階でエキシビションマッチの連戦を敢行し、内容が認められて9月の横浜文体でデビューするはずだったのだが、この時は病気で欠場している。

「デビュー戦が2回流れるっていうのは、プロレスと縁がないということなのかなと……。誰のせいにもできないので仕方ないんですけど。とにかく先のことは考えず、日々の練習をするだけでした」

 4月上旬の心境を、石川はそう振り返っている。

プロレスへの気持ちを切らさないために。

 目標を失った彼女のメンタルを慮ったのは、取締役選手代表の藤本つかさだった。

「選手によって、デビューできるかどうかの基準はいろいろあります。まだプロとしてつたない部分があっても、それが魅力になることもあるのがプロレスなので。石川の場合はエキシビションも経験して力はありました。だから余計に待つのが辛かったはず。去年9月のデビューが延期になってから、よくここまで我慢できたと思います。

 無観客試合でのデビューは、させる側としても戸惑いはありました。ただこれ以上、待たせるとプロレスへの気持ちが切れてしまう可能性がある。5月の頭、緊急事態宣言が延びそうだというタイミングで、本人の意思を確認してデビュー戦を組みました。本当に急に決まったんですよ。石川は仕事もしてますし、自立した大人。デビューが延びて“プロレスがなくても生きていけるし……”となってほしくなかった」

 普段、石川はラジオの交通情報案内などの仕事をしている(だから本来、お盆休みやゴールデンウィークは忙しいそうだ)。プロレスを知ったのは、松井珠理奈たちがプロレスラーを演じたドラマ『豆腐プロレス』などアイドルカルチャーの流れからだった。

【次ページ】 アイドルファンからプロレスの道へ。

1 2 3 4 NEXT
アイスリボン
石川奈青
藤本つかさ
松井珠理奈
豆腐プロレス
アップアップガールズ
鈴季すず
雪妃真矢

プロレスの前後のコラム

ページトップ