オリンピックへの道BACK NUMBER

瀬戸大也が同級生をコーチに抜擢。
内村、小平も選んだ最後のピース。

posted2020/05/31 20:00

 
瀬戸大也が同級生をコーチに抜擢。内村、小平も選んだ最後のピース。<Number Web> photograph by AFLO

リオ五輪も一緒に臨んだ梅原孝之コーチ(右)のもとを離れ、新たな道を歩む瀬戸。

text by

松原孝臣

松原孝臣Takaomi Matsubara

PROFILE

photograph by

AFLO

 競泳の東京五輪代表、瀬戸大也の新たなコーチに、浦瑠一朗氏が就任することが報じられ、注目を集めている。

 瀬戸は今年4月、小学生の頃から指導を受けてきた梅原孝之コーチのもとを離れた。延期になったとはいえ、オリンピックを1年後に控えたこの時期に関係を解消したこと、そしてどのような態勢となるのか、注目されていた。

 それへの答えとなった形だが、驚くべきは本格的な指導経験を持たない浦氏を選んだことだ。

 浦氏は瀬戸と埼玉栄高校時代の同級生で、瀬戸と同じくスイミングクラブ「JSS毛呂山」出身。日本選手権に出場した経験も持つ。

 筑波大学を卒業後、金融機関に就職。働きながら泳いできたが、現在は退職している。そして今回の就任の報だ。

東京五輪に向け、周到に逆算してきた。

 瀬戸と長いつきあいがあるとはいえ、指導歴を考えれば、異例と捉える向きがあるのも無理はないだろう。

 ただ、ひたすら異例のこととばかりも言えない。

 背景にあるのは、やはり、東京五輪延期だ。

 瀬戸にとっては、2020年に迎える集大成の舞台であり、リオデジャネイロ五輪(400m個人メドレー銅メダル)で届かなかった金メダルを手にすることだけを胸に抱き、進んできた。

 周到に逆算し、その時期その時期で必要なトレーニングに励み、強化を図ってきた。

 その成果が昨年の世界選手権での、2大会ぶり3度目の400m個人メドレー優勝、200m個人メドレー初優勝、200mバタフライ銀メダルという成績として表れた。1大会での個人種目3つのメダルは日本初、世界選手権計4つの金メダルもまた日本初であった。

【次ページ】「違ったアプローチの方が、覚悟を持って挑戦できる」

1 2 3 NEXT
瀬戸大也
浦瑠一朗
梅原孝之
内村航平
小平奈緒
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後のコラム

ページトップ