熱狂とカオス!魅惑の南米直送便BACK NUMBER

増田明美を救ったブラジル名伯楽が
説く、日本特有の悲壮感からの脱皮。 

text by

沢田啓明

沢田啓明Hiroaki Sawada

PROFILE

photograph byShinichi Yamada/AFLO

posted2020/05/20 19:00

増田明美を救ったブラジル名伯楽が説く、日本特有の悲壮感からの脱皮。<Number Web> photograph by Shinichi Yamada/AFLO

ロサンゼルス五輪前に苦悩の時を過ごした増田明美。オリベイラ氏との出会いが彼女のスタンスを変えたのは間違いない。

もし“おばさん力”があったら。

 今、増田さんは現役時代を振り返って「私が精神的に弱かった。今なら“おばさん力”でプレッシャーなんかはねのけて、五輪でメダルが取れていたと思う」と冗談交じりに語っている。そのことをオリベイラ氏に伝えると、このように締めくくってくれた。

「いや、決して冗談じゃなく、その通りだと思うよ。

 私の専門はトラックでマラソンの専門家ではないが、走ることの基本は変わらない。もし私や他の優れたコーチにアケミを長期間、指導する機会が与えられていたら、メダルと言わず、五輪で金メダルを取れていたのではないか。

 教え子たちに五輪と世界選手権で多くのメダルを取らせたこの私が言うんだから、信じてもらっていいんじゃないかな」

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
増田明美
ルイス・アウベルト・デ・オリヴェイラ

陸上の前後の記事

ページトップ