柿谷曜一朗の名言 

今日の名言 

小学生のときの遠足の前日みたいに、興奮してよく眠れなかった。

柿谷曜一朗(サッカー)

2020/05/21

「生涯最高のゴール」を問われた柿谷は、2013年3月2日アルビレックス新潟戦での決勝点を挙げた。セレッソ大阪で「8番」を背負って初めて決めた得点には格別な思いがあるという。下部組織時代から名を馳せ、大きな期待を背負うも、台頭する香川真司らを尻目にくすぶった時代があった。武者修行を経て愛するクラブに復帰、その後の活躍が認められ、レジェンド森島寛晃が背負った背番号を託されたのだった。「8番」に憧れたサッカー少年が、大きく飛躍した瞬間だった。

Number1001号(2020/04/16)

<創刊40周年記念特集>日本サッカー希望の1ゴール
人物
出典元雑誌 年発売
競技
Web配信 月配信
全文検索  

ページトップ