オリンピックPRESSBACK NUMBER

五輪延期は日本スケートボード界に
とっては明るい材料!? その理由とは。 

text by

吉田佳央

吉田佳央Yoshio Yoshida

PROFILE

photograph byYoshio Yoshida

posted2020/04/29 08:00

五輪延期は日本スケートボード界にとっては明るい材料!? その理由とは。<Number Web> photograph by Yoshio Yoshida

ライバルの堀米雄斗が見つめる先でトリックをメイクするナイジャ・ヒューストン。彼は堀米より4歳年上になるが、1年後の伸びしろは果たして……。

次のブレイクは青木勇貴斗になるか?

 これらの事実に当てはめて新たなブレイク候補を探してみると、日本には期待を抱かせてくれる選手が複数いる。

 昨年のWORLD SKATE JAPANのオリンピック強化指定選手選考大会、並びに日本スケートボード協会(AJSA)のプロツアーで国内トップの成績を残した青木勇貴斗もその1人だ。

 現状は男子ストリートの世界ランク13位で国内3番手ではあるもの、年齢も16歳と世界ランクトップ20の中では最も若く、彼のトレフリップ(スケートボードを縦と横の両方に1回転させるトリック)のバリエーションは世界のトップと比べても引けを取らない。

「今は世界ランキングから見ても、空良君(白井)や雄斗君(堀米)には追いついていません。でもオリンピックの開催が1年延びたことで、スキルも順位も追いつくための練習時間が多くとれるようになりました。新しいトリックの手応えも十分にあるので、今は新型コロナウイルスで大変な世の中ではありますけど、自分にとってはある意味チャンスだと、ポジティブにとらえて頑張っていこうと思っています」

 と本人も息巻く。

日本では次から次へと優秀な若手選手が。

 他にも女子ストリートで2番手につける織田夢海やそれに次ぐ中山楓奈、西矢椛らの年齢もまだ10代前半であり、育ち盛り・伸び盛りであることから大いに期待が持てる選手と言える。それでいて、すでに全員が世界大会の決勝の舞台を経験して世界トップレベルを肌で感じていることから、自身の足りないところをしっかりと理解して練習に取り組めるのも大きなプラスだ。

 また、1年の延期によって滑り込みで出場権獲得を狙うという意味では、15歳の前田日菜も面白い。

 昨年の全日本選手権では精彩を欠き強化選手入りを逃したが、HINAスケートパークという自身の名前を配した練習拠点ができたことで急速に実力をつけ、3月頭に開催された非五輪系コンテストの最高峰、Tampa PRO優勝というアナザーストーリーで世に出てきた逸材である。

 このように、今の日本は次から次に優秀な若手が頭角を現してきているのが現状だ。

 協会の期待が高まってしまうのもうなずけるし、群雄割拠の時代と言っても差し支えないのではないだろうか。

【次ページ】 では、追われる立場の選手たちは?

BACK 1 2 3 4 5 NEXT
ナイジャ・ヒューストン
堀米雄斗
白井空良
青木勇貴斗
パメラ・ローザ
レティシア・ブフォーニ
マライア・デュラン
西村碧莉
織田夢海
ドラ・ヴァレラ
リジー・アーマント
岡本碧優
四十住さくら
開心那
中山楓奈
西矢椛
前田日菜
ライサ・リールは
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ