JリーグPRESSBACK NUMBER

青山敏弘らも認める広島の新8番。
「川辺駿は、こんなもんじゃない」

posted2020/03/19 11:30

 
青山敏弘らも認める広島の新8番。「川辺駿は、こんなもんじゃない」<Number Web> photograph by J.LEAGUE

今季からサンフレッチェの「8番」を背負う川辺駿。ボランチでコンビを組むベテラン青山敏弘からも信頼を寄せられている。

text by

石倉利英

石倉利英Toshihide Ishikura

PROFILE

photograph by

J.LEAGUE

「まだ2試合ですが、彼が表現しているものには驚きません。これくらいやってくれる選手になったんだな、と」

 サンフレッチェ広島の城福浩監督は称賛を惜しまない。それも納得のパフォーマンスを見せているのが、MF川辺駿だ。今季J1クラブが消化した公式戦は、ルヴァンカップのグループステージ第1節と、J1リーグ開幕戦。川辺は2試合ともフル出場して勝利に貢献している。

 3-4-2-1の布陣で戦う広島において、ポジションはボランチの一角。周囲との連係でパスをつなぎ、激しいチャージに耐えてドリブルでボールを運び、チャンスとみればスペースに飛び出して、劣勢の時間帯は粘り強く守る。攻守両面に深くかかわる働きぶりは、正しい方向に向けてチームの舵を取るボランチにふさわしい。

「もちろんミスもありますが、その中でも自分のプレーができています。日本人選手だけでなく、ブラジル人選手からの信頼も感じ取れている」という本人の手応えに同意するのは、FWドウグラス・ヴィエイラ。「ハヤオとは分かり合えている」という加入2年目のブラジル人アタッカーは、「鹿島戦のレアンドロ・ペレイラのゴールは、まさにそう。自分が右サイドに流れたとき、ハヤオがニアサイドに走り込んできて、そこにパスを出した。分かり合えていたことが結果につながった」と振り返った。

「得点シーンに顔を出せるのは持ち味」

 鹿島アントラーズとのJ1リーグ開幕戦、1-0で迎えた25分のL・ペレイラのゴールは、川辺の素晴らしい動きから生まれた。

 GK大迫敬介からのロングパスをMF森島司がハーフウェーラインの少し手前で受けたとき、川辺がいた位置は森島の10m以上後ろ。だが森島が前を向き、D・ヴィエイラが右に流れた次の瞬間、猛然とダッシュした。

 そのまま一気に中央を走り抜けると、D・ヴィエイラのセンタリングをゴールエリア内で触り、ファーサイドに流れたボールをL・ペレイラが押し込んだ。70m以上のロングスプリントで得点に絡んだ動きを、川辺は試合後に「スペースが空いていた。(ゴールの)匂いをかぎ分けて、得点シーンに顔を出せるのは自分の持ち味」と自画自賛した。

【次ページ】 広島ユース出身、転機は名波ジュビロ。

1 2 3 4 NEXT
サンフレッチェ広島
川辺駿
ドウグラス・ヴィエイラ
城福浩
池田誠剛
森崎和幸
青山敏弘
名波浩

Jリーグの前後のコラム

ページトップ