フットボールの「機上の空論」BACK NUMBER

ラトビアでサッカー指導者を志す。
ELに辿り着いた男のシンプルな選択。 

text by

中野遼太郎

中野遼太郎Ryotaro Nakano

PROFILE

photograph byRyotaro Nakano

posted2020/03/18 20:00

ラトビアでサッカー指導者を志す。ELに辿り着いた男のシンプルな選択。<Number Web> photograph by Ryotaro Nakano

ラトビア1部・FKイェルガヴァでコーチに就任した中野遼太郎。UEFA-Proライセンス取得を目指し、奮闘中だ。

自分にとってはシンプルな選択。

 現役時代、日本代表選手のような超一流にはなれないと悟った僕は、自分が活躍できる場所としてラトビアを選んで、コツコツとやることでUEFAヨーロッパリーグまで辿り着いた経験がありました。

 同じことを、指導者の世界でも挑戦してみようと思ったのです。ドイツやスペインなどのサッカー大国でUEFAライセンスを取得するよりも、ラトビアでコツコツと指導者の勉強をしていくことが「僕にとっては」シンプルな選択に思えました。

 欧州での指導実績も博士号もない東洋人が、選手を引退して即トップチームにコーチとして携わらせてもらえるということは、実は限りなく珍しい事例なのではないか。選手としての10年で培った振る舞いや人脈があるなら、あとは自分が覚悟を決めるだけのような気がしました。

バスタブ付きの家も契約に盛り込んで。

 コーチとしてのオファーに付け加えて、UEFAライセンスにかかってくる様々なものも契約条件に入れてもらい、最後にバスタブ付き(これは重要)の家を借りてもらうことで、最終合意に至り、住み慣れたラトビアに戻ってきました。

 現在は、UEFA-Cの取得から始めることになり、すでに講義を受け始めています。本当にゼロからのスタートですが、学びと実践があるこの環境を無駄にしないように、そしてまずはチームが勝てるようにサポートします。また機会があればラトビアの生活をお届けしたいと思います。

関連記事

BACK 1 2 3 4

海外サッカーの前後の記事

ページトップ