オリンピックPRESSBACK NUMBER

バド男子ダブルス初の全英OP優勝。
11歳差ペア、五輪へ高まる完成度。

posted2020/03/16 20:00

 
バド男子ダブルス初の全英OP優勝。11歳差ペア、五輪へ高まる完成度。<Number Web> photograph by Itaru Chiba

日本男子ダブルス史上初の全英オープン優勝を飾った遠藤(前)と渡辺。経験豊富なベテランと進化を続ける22歳の、東京五輪を目指す戦いに注目したい。

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph by

Itaru Chiba

 新型コロナウイルスの影響がスポーツ界にも暗い影を落としている中、明るいニュースが飛び込んできた。

 今回で110回目の開催となるバドミントンで最も歴史ある大会・全英オープンの女子ダブルスで福島由紀と廣田彩花が中国ペアをストレートで破り、初優勝を飾った。さらに男子ダブルスでは、遠藤大由と渡辺勇大のペアが日本男子ダブルス史上初の優勝を果たした。

インドネシアペアの攻略。

 遠藤と渡辺は、世界ランク2位で昨年の世界選手権を制した熟練ペア、セティアワン/アッサン(インドネシア)や園田啓悟/嘉村健士を倒したイワノフ/ソゾノフ(ロシア)を破るなどして勝ち上がり、決勝では同大会3度目の優勝を狙うインドネシアの世界ランク1位、ギデオン/スカムルジョと対戦した。

 前述の通り、現在男子ダブルスの世界ランキングトップ3の上位2組はインドネシアペアが占めている。ワールドツアーで優勝するためには、この最強ペアたちに勝利することが必須条件だ。 

 以前、インドネシアペアの攻略ポイントを尋ねると、遠藤は「これから技術を急に上げることは厳しいので、メンタル面が一番大事だと思っている。インドネシアのペアと対戦するときは、相手の術中にハメられて自分たちのテンションが下がることが多い。それでもくじけずに自分たちのプレーを貫くか、それとも1球でも多く返すのか。単純なことが必要になると思います」と分析していた。

 果たしてこのゲームで2人はどんな戦いを見せるのか。テレビの画面越しにこの一戦に注目した。

【次ページ】 11歳年下の相棒と目指す東京。

1 2 3 NEXT
遠藤大由
渡辺勇大
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ