バレーボールPRESSBACK NUMBER

西田有志のサービスエースの裏に。
ジェイテクト悲願のVリーグ初優勝。 

text by

田中夕子

田中夕子Yuko Tanaka

PROFILE

photograph byV.LEAGUE

posted2020/03/02 20:00

西田有志のサービスエースの裏に。ジェイテクト悲願のVリーグ初優勝。<Number Web> photograph by V.LEAGUE

無観客試合で行われたV1リーグ男子ファイナルは、西田有志擁するジェイテクトがフルセットの激戦を制した。

屈強をはね返したジェイテクト。

 ジェイテクトの初優勝。高橋慎治監督が「得点王でMVP。彼の実力を、リーグを通して見せられた結果が出た」と称えたように、西田の果たした役割は大きい。

 だが、バレーボールは1人では勝てない。

 世界一のサーブをよりよいコンディションで打たせるべくマネジメントしたセッターや、セッターにパスを返すリベロ、アウトサイドヒッター。ミドルブロッカーが攻撃に入らなければブロックが分散することもなく、ブロックでタッチを取らなければブレイクチャンスは生まれなかった。

 もちろんそれは、勝者のみならず、決勝では敗者となったパナソニックも同様だ。

 繰り広げられる力と力、技と技の勝負だけではない。響き渡る声がぶつかり合った末、歓喜に沸く勝者と、その場から動けず立ち尽くす敗者。

 勝者も敗者も、互いが重ねた鍛錬の成果を発揮し、果たすべき役割を果たした。素晴らしき強者だったからこそ最高の決勝が繰り広げられた。

 これまで今季3度の両者の対戦はすべてストレートで決着している。第1セットだけを見れば、同じようにパナソニックが圧倒するだろうと思わせる強さを見せたからこそ、その屈強をはね返したジェイテクトのチーム力、そしてその起爆剤となる西田のサーブの凄さが際立った。

 何よりも見せたかったこの試合が無観客試合になった、悔しさともどかしさをこれからの活力にして。西田は、日本一から世界を見据えた戦いへ――。

 バレーボールの、スポーツの火を消すものか、と。今こそ、逆境に立ち向かう。

関連記事

BACK 1 2 3 4
西田有志
ジェイテクトSTINGS
清水邦広
パナソニック・パンサーズ

バレーボールの前後の記事

ページトップ