ゴルフPRESSBACK NUMBER

賞金女王・鈴木愛の“職人的クラブ”。
「新しくて飛ぶ」より重視するもの。

posted2020/02/28 12:00

 
賞金女王・鈴木愛の“職人的クラブ”。「新しくて飛ぶ」より重視するもの。<Number Web> photograph by KYODO

昨季最終戦、リコー杯女子ゴルフを通算5アンダーの5位タイで終え、2年ぶり2度目の賞金女王に輝いた鈴木愛。年間獲得賞金は1億6018万9665円。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 2020年はプロゴルファー・鈴木愛にとって特別な年になるはずだ。

 '19年シーズンの賞金女王、ディフェンディングチャンピオンとして、いわゆる黄金世代、プラチナ世代と呼ばれる若手実力派の選手たちのチャレンジを受ける。

 そしてその中でまず東京オリンピックの舞台へと進み、そこでメダルを目指すという戦いもある。

 その大切なシーズンに向けて鈴木は2月上旬から約2週間の米・アリゾナ合宿を行ってきた。

「いつもアリゾナでは風邪をひくんですけど、今年は何とかひかずに終われました。いい調整ができました」

クラブの基本セッティングを決める。

 順調に過ごしたアリゾナの2週間。目的はもちろんショット、パットなど技術的な調整だ。ただもう一つ、やらなければならない大切なことは、そのシーズンに使うクラブの基本セッティングを決めることにある。

「彼女はアリゾナで決めたセッティングを1シーズン使い通しますね。シーズン中にクラブを変えたり、スペックを変えることはほぼない」

 こう語るのは用具契約をしているPINGゴルフジャパンのツアー担当・須藤亮さんだった。

 昨年途中にパターの入れ替えはあったが、クラブのセッティングは一度も変わっていない。昨年はG410シリーズが新たにラインナップされて、鈴木もアリゾナキャンプでドライバーとフェアウェイウッド2本を旧400シリーズから変更することを決めた。

「今年の新しいモデルはパターぐらいしか出なかったので、全体的なセッティングの変更はすごく少なかったです。パターは新しいタイプのものと、以前から使っているピンタイプのもの、どちらを使うかはその週の調子によって決めようかなという感じですね」

【次ページ】 頑なに旧2.0シリーズを手放さない。

1 2 3 4 NEXT
鈴木愛
畑岡奈紗
渋野日向子
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

女子ゴルフの前後のコラム

ページトップ