沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

2020年最初のGIにかかる「偉業」。
モズアスコットとインティの決着は。

posted2020/02/22 19:00

 
2020年最初のGIにかかる「偉業」。モズアスコットとインティの決着は。<Number Web> photograph by Yuji Takahashi

ダートへの転向初戦で重賞を制したモズアスコット。二刀流完成となるか。

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph by

Yuji Takahashi

 史上5頭目の「芝・ダートGI優勝馬」が誕生するのか。それとも、レース史上2頭目の連覇が達成されるのか。

 第37回フェブラリーステークス(2月23日、東京ダート1600m、4歳以上GI)は、偉業達成がかかる「2強」による争いと見られている。

 イーグルカフェ、クロフネ、アグネスデジタル、アドマイヤドンにつづく、JRA史上5頭目の芝・ダートGI優勝を狙うのは、一昨年の安田記念を連闘で制したモズアスコット(牡6歳、父フランケル、栗東・矢作芳人厩舎)だ。

 前走、キャリア20戦目で初のダート戦となった根岸ステークス(2月2日、東京ダート1400m、4歳以上GIII)を、出遅れながらも圧勝。前述の安田記念以来、約1年8カ月ぶりの勝利を挙げたと同時に、高いダート適性を見せつけた。

 父フランケルは、自身、イギリスの芝で14戦全勝という成績をおさめ、産駒の多くがヨーロッパの芝で活躍している。

 しかし、モズアスコットはダート王国アメリカの生産馬だ。母インディアは15戦6勝で、その6勝には米ダートGIIのコティリオンBCH、GIIIのアゼリBCSがあるように、ダートで強さを発揮した。その父ヘネシーは米ダートGIホープフルステークスなどを制した名馬である。つまり、母系はバリバリのダート血統なのだ。

調教師と騎手が感じたダート適性。

 管理する矢作芳人調教師がダートを使うことを決めた理由のひとつは、普段の脚さばきや動きがダートに向いているのではないかと感じたこと。2つ目が、ここに記したような血統的な背景。3つ目が、馬が成長してパワー型に変わってきたことだという。

 主戦騎手のクリストフ・ルメールも、今のモズアスコットには、軽い芝で一気にペースアップするような競馬は向かないとコメントしている。

 調教師も騎手も、長くいい脚を使えることがこの馬の最大の武器だと認識しており、その意味では矢作調教師が話しているように「満を持してのダート参戦」だったのだ。

【次ページ】 世界的な種牡馬になる条件は?

1 2 NEXT
モズアスコット
インティ

競馬の前後のコラム

ページトップ