プロ野球PRESSBACK NUMBER

西武期待の新サブマリン、與座海人。
牧田和久から継ぎ、高橋礼を追う。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2020/02/15 11:30

西武期待の新サブマリン、與座海人。牧田和久から継ぎ、高橋礼を追う。<Number Web> photograph by Kyodo News

13日の紅白戦で登板した與座は、森や山川など打者8人を無失点に抑えた。

同い年の高橋礼の存在。

 もう1人、プロ野球界で奮闘するソフトバンクの高橋礼について聞くと、與座は苦笑する。

「確かに意識しますけど、まぁ、ちょっとタイプが違うので……。でも同学年なので、気になる存在といえば、そうなります。でも高橋君は遥かに僕より先を行っている。1年目から投げているし、結果も出していますからね」

 高橋は入団した年から一軍で活躍し、2年目となる2019年シーズンには12勝を挙げ、日本代表にも選ばれた。

 専修大出身の高橋と、東海地区リーグの與座は大学時代、対戦した経験はない。面識もなかったが、入団直後のNPB新人研修で、トイレでばったり会ったという。

「高橋君のほうから『アンダースローだよね?』って声をかけてくれたんですよ。うれしかったですね」

 今はまだ背中を追う身だが、いずれ、揃って球界を代表するアンダースローとなる目標もできた。

「僕もがんばらないといけないなって思っています」

目標はきっぱり「一軍で5勝」。

 投手が靭帯の再建手術から復帰を目指すのは容易な道のりではない。

「4カ月間、全くボールを握れなかったですし、その間は、不安もありました。つらかったけれど、それも自分の野球人生だと今は思えます。そうやって前向きにとらえて、これからもマウンドに上がります」

 今シーズンの目標は「一軍で5勝」ときっぱりと語る。

「怪我が治ったおかげで、こうして現実的に、具体的な数字が上げられるようになりました」

 ライオンズの新サブマリンは、キャンプ、オープン戦でアピールを続け、まずは開幕一軍を目指す。

関連記事

BACK 1 2 3
埼玉西武ライオンズ
與座海人
牧田和久
高橋礼

プロ野球の前後の記事

ページトップ