バスケットボールPRESSBACK NUMBER

NCAAディヴィジョン1からBリーグへ。
宇都宮・テーブス海の“決断力”。
 

text by

青木崇

青木崇Takashi Aoki

PROFILE

photograph byB.LEAGUE

posted2020/02/06 07:00

NCAAディヴィジョン1からBリーグへ。宇都宮・テーブス海の“決断力”。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

188cmというサイズはPGとして大きな武器。昨季はCAAカンファレンス新記録の253アシストを記録するなどアシストにも定評あり。

レベルアップできる絶好の機会。

 B.T.は当時をこう振り返る。

「いつものように私たちはそれについて話をしましたが、最終的な決定は彼がしました。(後に転校する)ノースフィールド・マウント・ハーモン高校のヘッドコーチは、実際にブリッジトンを訪問する前に海を望んでいました。

 しかし、海はプレップスクールの1年生でプレーする機会を得るのが難しいと考えていたし、コートにいることが彼にとってより重要でした」

 ブリッジトン・アカデミーの1年間で手応えを得たテーブスは、レベルアップできる絶好の機会ということに加え、コーチからの誘いもあってノースフィールド・マウント・ハーモン高校に転校することを決断。すぐに出場時間を得てプレーすると、望んでいたNCAAディビジョン1の大学から興味を持たれるようになる。

 そして、高校の最終学年を迎える前の2017年の夏、テーブスはノースカロライナ大学ウィルミントン校(UNCW)から出されたスカラシップのオファーにサインをした。

父が語る「人生の回復力の構築」

 高校であと1シーズンプレーできるということは、活躍次第でよりレベルが高く、ネームバリューのある大学からリクルートされる可能性を秘めている。

 しかし、当時のUNCWは2年連続でNCAAトーナメントに出場するなど、チームの将来性に希望が持てる状況にあった。

 チャンスを何とか生かしたいというテーブスが、このオファーに魅力を感じて決断することは自然な成り行き。ここにたどり着くまでのプロセスが大変なことであり、心身両面で強くなったことも忘れてはならない。

「常にハードワーカーだったわけではないし、今のような規律もありませんでした。そのようなスキルは時間をかけて身につけたのです。以前の海はそれほど自身に厳しくなかったので、私が後押ししましたし、度が過ぎることもたまにありました。でも、今の彼には強い決意と意識の高さがあります。

 アメリカで繰り返し倒されたことで、彼は精神的に強くなりました。 海が失敗した回数を知れば、人々はショックを受けるでしょう。

 あなたが失敗したときにだれも気にしませんし、だれもあなたやあなたの気持ちを心配しません。 あなたの代わりになるのを待っている人間が常にいます。それは幼い子どもには難しいことですが、そのようなことから“這い上がる”ことができれば、バスケットボールだけでなく人生の回復力が構築されるのです。 それは恐らく私が見た中で彼が最も成長した部分だと思います。父としてはうれしいですね」

【次ページ】 さらなる飛躍が期待されたが……。

BACK 1 2 3 4 NEXT
テーブス海
宇都宮ブレックス
遠藤祐亮

バスケットボールの前後の記事

ページトップ