Number on NumberBACK NUMBER

松坂大輔と日本代表。
~五輪やWBCでの卓越した貢献度~

posted2020/02/01 09:00

 
松坂大輔と日本代表。~五輪やWBCでの卓越した貢献度~<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

2006年の第1回WBCでのひとコマ。右は上原浩治(当時・巨人)。西武・辻監督はこのチームでコーチを務めていた。

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph by

Naoya Sanuki

 松坂大輔が14年ぶりに西武でプレーすることになった。2019年の登板は2試合だけだったが、1月に行われたコーチとの会議のあと辻発彦監督は松坂について「十分、戦力になると思った」と語り、キャンプから開幕一軍を想定して考えていることを明らかにした。キャンプからオープン戦にかけて、松坂の登板は注目されることになりそうだ。

 松坂はプロ22年目、日米通算で170勝108敗2セーブという成績になっている。大きな節目は200勝ということになるが、松坂の場合、歴代の投手の中で、所属チームでの通算成績だけでは評価できない、国際試合での活躍を抜きに、業績を語ることができない投手であることに、いま改めて目を向けたいと思うのである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1659文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ラグビー再入門

Sports Graphic Number 996

ラグビー再入門

 

関連記事

松坂大輔
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ