有料記事一覧ページ新設のお知らせ

ラグビーPRESSBACK NUMBER

ジャッカルも十八番の最強フッカー。
マルコム・マークスの何がすごい?

posted2020/01/09 11:30

 
ジャッカルも十八番の最強フッカー。マルコム・マークスの何がすごい?<Number Web> photograph by Hiroki Takami

「世界最強の2番」として恐れられるマルコム・マークス。南アフリカのW杯優勝にも大きく貢献した。

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph by

Hiroki Takami

 1月12日開幕のラグビートップリーグに世界的スターが参戦する。

 フィジカルモンスターの王国からやってきた、189センチ112キロの“怪物中の怪物”。南アフリカ代表としてW杯日本大会の優勝を経験し、「世界最強フッカー」の評価をますます堅固にした25歳。

 マルコム・ジャスティン・マークス。

 ラグビー界でその名を知らぬ者はいない「マルコム・マークス」が、今シーズンよりNTTコミュニケーションズに加わり、日本最高峰リーグでしのぎを削る。

「これまでと違う経験をすることで、自分の幅を広げたいと思いました。南アフリカ代表のチームメイトや、日本人選手と戦うことを楽しみにしています」

 元日本代表のラグビー解説者達も、今シーズンの注目選手として真っ先にマークスの名を挙げる。

「なんでもできる選手こそマークスです」「世界トップ。群を抜いて注目しています」。それぞれ順に元日本代表の大西将太郎氏、野澤武史氏の声だ。

 背番号2を背負うフッカーとして、「最強」の呼び声高い南アフリカ代表のスクラムをコントロール。ラインアウトではスローイングも担当する。

セットピースだけではない。

 マークスの凄味は、フッカーの仕事場であるスクラム、ラインアウトだけに留まらない。

「ジャッカルは自分の強みを増やすために、かなり練習した分野です。フィールドのどこであろうと、ターンオーバー(攻守交代)を勝ち取る確率を上げるため、ベストを尽くしています」

 W杯で日本代表No.8姫野和樹の代名詞となったジャッカルは、マークスの十八番でもある。高校時代に元代表コーチのハイネケ・メイヤーにフッカー転向を勧められるまでは、“ジャッカル部隊”とも言えるFW第3列(6、7、8番)だった。

 そしてゴール前の攻防戦では、天下無双の決定力を持つ。巨大な背中をねじ込み、問答無用で前進するのだ。

 南半球最高峰リーグ「スーパーラグビー」では、'17年から2年連続でトライランキングのTOP10入り。リーグに約300人いるFWのうち、トライのTOP10入りは2年連続でマークスだけだった。

 ジャッカルで窮地を救い、スクラムで相手の反則を誘い、みずからトライも決める――。まさに1人で何役もできる超人だ。

【次ページ】 水球選手としても有望だった。

1 2 3 NEXT
マルコム・マークス
NTTコミュニケーションズ シャイニングアークス
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後のコラム

ページトップ