SCORE CARDBACK NUMBER

横浜FMの覇権奪回を呼んだ、
攻めに徹する「フロント力」。
~シティグループの力も総動員~

posted2020/01/09 07:00

 
横浜FMの覇権奪回を呼んだ、攻めに徹する「フロント力」。~シティグループの力も総動員~<Number Web> photograph by Getty Images

8月に期限付き移籍で加入したエリキ(左)とマテウス。リーグトップとなる68得点を挙げた強力な前線を支えた。

text by

北條聡

北條聡Satoshi Hojo

PROFILE

photograph by

Getty Images

 人材補強の手際がますます問われる時代になりそうだ。15年ぶりにJ1リーグを制した横浜F・マリノスの見事な立ち回りがそれを雄弁に物語っている。

 覇権奪回の呼び水となったのは夏場の補強だ。主力の天野純と三好康児が海外クラブへ移籍したうえに得点源のエジガル・ジュニオが負傷により全治3カ月の長期離脱。深刻な戦力ダウンを招き、中断明けの8月初旬から3連敗を喫して2位から5位に転落した。

 近年、日本人選手のヨーロッパ進出は加速の一途。十代の若手が移籍するケースも増えた。夏の人材流出に伴う事後対応が後半戦の出来を左右する。そこで補強を怠り、主力の負傷離脱が重なれば台所は火の車。フロント力が試されるわけだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 579文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

横浜F・マリノス

Jリーグの前後のコラム

ページトップ