松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

パラテコンドー日本代表、伊藤力。
松岡修造にパラ五輪を目指すまでを語る。 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2020/01/09 18:00

パラテコンドー日本代表、伊藤力。松岡修造にパラ五輪を目指すまでを語る。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

「松岡さんは大きいし脚も長いからすごくテコンドーに向いていると思います! 」とは日本代表選手の伊藤力。

「『東京に来たら』と誘われて」

松岡「(あ然として)今は義手もすごく進化しているという話を聞くんですけど」

伊藤「それは肘がある人向けですね。僕のように肘も失うとランドセルのように機械を背負って、それで義手をつけて、肩で操作をする必要があるんです。1時間もすると血がたまってきて、けっこう辛いんですよ」

松岡「そんな違いがあるんだ。伊藤さんが2016年に東京に来た理由はなんだったのですか?」

伊藤「それがテコンドーを始める理由にもなるんですけど、『東京に来たら』と誘われて。ツイッターで調べて、テコンドーのつてを探しました」

 松岡さんの目が点になる。誘われたのに、なぜ自分でつてを探すのか。つてを探すやり方も、ツイッター? 伊藤さんがパラテコンドーを始めるまでには、紆余曲折のストーリーがあったという……。

(構成:小堀隆司)

伊藤力いとう・ちから

1985年10月21日、宮城県生まれ。パラテコンドー日本代表。クラスはK44、61kg未満級。2015年4月、職場での事故で右肘上部を切断。16年1月よりパラテコンドーを始める。同年4月アジアパラテコンドーオープン選手権大会に出場し初戦敗退。それをきっかけに練習環境を整えるために東京移住を決意。アスナビ(JOCが実施しているトップアスリートの就職支援ナビゲーションシステム)を活用し、セールスフォース・ドットコムに就職。同社に勤務しながら東京2020パラリンピックを目指している。'17年US オープンで金メダルを獲得、同年の世界選手権ではベスト8に。'18年、'19年全日本選手権2年連続優勝。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

伊藤力
松岡修造
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ