ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

鈴木みのると中井祐樹が語るあの頃。
パンクラスは修斗の仮想敵国だった。 

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2019/12/28 20:00

鈴木みのると中井祐樹が語るあの頃。パンクラスは修斗の仮想敵国だった。<Number Web> photograph by Essei Hara

パンクラスを旗揚げ当初の鈴木みのる。25年を経て、“あの頃のシューティング”の顔である中井祐樹とタッグを組む。

プロスポーツとして昇華した今。

 対戦相手は、70年代の新日本プロレス道場時代から関節技の腕を磨いた、総合の源流でもある藤原喜明と、鈴木&船木時代後のパンクラスをエースとして牽引し、今も現役の総合格闘家を続ける近藤有己。

 あれから20年以上の時は流れ、現在、パンクラスと修斗は、ともにアジア最大の総合格闘技団体『ONE Championship』と提携を結び、チャンピオン同士の頂上対決を含み、交流が当たり前の状況となっている。その試合は、もはや団体対抗戦ではなく、MMAという名の下、両団体を主戦場とする選手同士が競い合う、個人と個人の闘い。

 それは、かつて鈴木や中井世代のパンクラスや修斗の選手たちが、互いに競い合い、試行錯誤を続けたことで世の中に定着した総合格闘技が、プロスポーツとして昇華した証だ。

 そんな時代になったからこそ、鈴木みのるは中井祐樹とタッグを組み、藤原&近藤と闘うことで、令和元年の最後になんらかのメッセージを発したいということだろう。

関連記事

BACK 1 2 3
鈴木みのる
中井祐樹
藤原喜明
近藤有己
パンクラス
修斗

プロレスの前後の記事

ページトップ