プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

棚橋弘至のいない1.4東京ドーム。
クリス・ジェリコが誘うエース引退。

posted2019/12/18 19:00

 
棚橋弘至のいない1.4東京ドーム。クリス・ジェリコが誘うエース引退。<Number Web> photograph by Essei Hara

見事にパンプアップされた筋肉美を披露する棚橋弘至。クリス・ジェリコとの対戦は楽しみだが、それ以上の話題が欲しい。

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 新日本プロレスが「全カード決定」とアナウンスした1.4東京ドーム大会「WRESTLE KINGDOM 14」に棚橋弘至の試合カードが組まれていない。

 棚橋ファンは何度も新日本プロレスの公式サイトで試合カードを見返して、「棚橋弘至」の名前を探したという。でも棚橋の名前を見つけることができなかった。棚橋ファンは「ショックだった」と言うが、これは棚橋のファンばかりでなく、プロレス関係者たちにとっても驚きで、ちょっとした事件だ。

 時代の流れと言ってしまえば、それまでだが、棚橋はプロレス専門誌の2020年選手名鑑の表紙にもその顔写真がなく、棚橋ファンからは不満と心配の声が上がっていた。

 過去11回、東京ドームのメインイベントに出場して、ずっと、ドームのメインにこだわって来た棚橋が、メインやセミはおろか発表された第1試合から第8試合までの全部で計36人のレスラーが名前を連ねているにもかかわらず、どこにもその名前がないのだ。

オカダも飯伏も内藤もライガーも……。

 今回のドーム大会は1月4日と5日の2日間開催で、5日のセミファイナルである第7試合には棚橋vs.クリス・ジェリコのシングルマッチが組まれている。

 だが、4日にIWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカに挑戦する飯伏幸太、同日、ジェイ・ホワイトのインターコンチネンタル王座に挑戦する内藤哲也は、結果にかかわらず、5日にも勝者vs.勝者の「2冠戦」と、敗者vs敗者の「3位決定戦のようなもの」が決定している。

 引退する獣神サンダー・ライガーだって2日間とも出場する。それなのに、棚橋はどうして1試合だけなのだろう。

 シングルマッチに不安を抱えているのだろうか?

【次ページ】 短命だった2019年のIWGP王者・棚橋。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

棚橋弘至
クリス・ジェリコ
オカダ・カズチカ
内藤哲也

プロレスの前後のコラム

ページトップ