SCORE CARDBACK NUMBER

3年続く諏訪魔&石川の天下。
タッグ界に新たなテンコジを。

posted2019/12/31 08:30

 
3年続く諏訪魔&石川の天下。タッグ界に新たなテンコジを。<Number Web> photograph by Essei Hara

12月9日、世界最強タッグ決定リーグ戦優勝決定戦で野村直矢&ジェイク・リー組を破った石川(左)と諏訪魔。

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 年末恒例の東京スポーツ新聞社制定「プロレス大賞」の選考委員会が12月10日に行なわれ、オカダ・カズチカ(新日本)が4年ぶり4度目となる2019年度最優秀選手賞に輝いた。

 各部門の受賞者の中で目立ったのは、最優秀タッグ賞を3年連続で受賞した全日本の“暴走大巨人”コンビ、諏訪魔&石川修司組だ。過去にジャイアント馬場&ジャンボ鶴田組の3度の受賞はあるが、「3年連続」というのは初めて。確かに凄い記録だが、1974年の第1回から選考委員を務めている筆者としては、素直に「おめでとう」と言い切れない面がある。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 589文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

諏訪魔
石川修司
天山広吉
小島聡
全日本プロレス
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ