球道雑記BACK NUMBER

2019年冬、ロッテを去る人、来る人。
若手を鍛え上げる首脳陣の本気度。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/12/28 11:30

2019年冬、ロッテを去る人、来る人。若手を鍛え上げる首脳陣の本気度。<Number Web> photograph by Kyodo News

戦力外となった島と同期入団の種市。来季から同じくチームを去った涌井が背負った「16」を引き継ぐ。

武者修行が続くロッテの若手たち。

 一方でこのオフは若手を中心に数多くの選手を海外に派遣した。

 例年恒例となっている台湾ウインターリーグには松田進(しん)、原嵩(しゅう)、鎌田光津希の3名を、アメリカ・ワシントン州シアトルにあるトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」では二木康太、小島和哉、中村稔弥、成田翔、種市篤暉の若手5投手が現地で自身のボールと、動体解析を介した体の使い方について学んだ。さらにはプエルトリコのウインターリーグ(チームはカグアス・クリオージョ)に岡大海、山本大貴、安田尚憲の3選手を武者修行で送り、それぞれがスキルアップを図って帰って来た。ここにも千葉ロッテの本気度が窺える。

 この中から2人でも3人でも来季の一軍戦力として覚醒したら、ドラフトやFA以上のチーム補強に間違いなくなるだろう。彼らに期待して2019年のペン収めにしたい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
千葉ロッテマリーンズ
島孝明
種市篤暉
佐々木朗希

プロ野球の前後の記事

ページトップ