ぼくらのプロレス(再)入門BACK NUMBER

ライガーが佐野直喜にこだわる意味。
「死ぬぞ」とも言われた本気の抗争。 

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2019/12/11 19:00

ライガーが佐野直喜にこだわる意味。「死ぬぞ」とも言われた本気の抗争。<Number Web> photograph by Essei Hara

ライガーが引退試合の相手として希望した佐野直喜。あえて当時のリングネームでリングに上がる。

「佐野直喜」としてリングへ。

 その佐野を引退試合の相手のひとりとして希望したことから、最後は若手時代のようにムキになってがむしゃらに闘い、レスラー人生を完全燃焼して終えたいという、ライガーの思いが感じられる。

 現在、佐野は「佐野巧真」というリングネームを使用しているが、このライガー引退試合だけは、本名でありライガーと抗争していた当時のリングネームである「佐野直喜」としてリングに上がる。これはライガーたっての希望だという。

 ライガーは、「佐野直喜」と闘うことで、獣神サンダー・ライガーとしてだけでなく、「獣神ライガー」「山田恵一」時代のギラギラしたがむしゃらファイトを、最後に再び見せようとしている。

関連記事

BACK 1 2 3 4
獣神サンダー・ライガー
佐野直喜

プロレスの前後の記事

ページトップ