ファイターズ広報、記す。BACK NUMBER

広報目線で見るプロ野球の契約更改。
綿密な交渉とメディアとの駆け引き。 

text by

高山通史

高山通史Michifumi Takayama

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2019/12/10 12:00

広報目線で見るプロ野球の契約更改。綿密な交渉とメディアとの駆け引き。<Number Web> photograph by Kyodo News

プロ入り12年目で初の「大台」に到達した日本ハム・大田泰示。メディアの計らいで特大の印鑑を持って写真に収まった。

最後は「答え合わせ」の時間。

 前述で、すべてが終了。列挙したのが、契約更改の一連の流れとなる。ただ他球団の対応は把握していないが、ファイターズでは最後にすべてを整えるためのルーティンがある。交渉にあたった編成責任者が、大トリでメディアへの対応をするのである。

 選手が公言、または取材から推定で導き出した年俸が合っているのか。その数字が近いのか、遠いのか、出来高払いが条件に含まれているのかなど「答え合わせ」の時間である。編成責任者に取材等で得た感触をぶつけ、その正誤を確認する作業である。責任者も、数字を明言はしないのが通例。絶妙なやり取りをしながら「推定年俸」を報道陣と微調整している。

 契約更改交渉が、年内の広報業務の大きな節目である。師走を、実感する。日本社会では一般的に年度が区切りとなるケースが多いが、プロ野球は異なる。もうすぐ新しい1年が始まることが暦通りに身に染みる、今日この頃である。

関連記事

BACK 1 2 3
北海道日本ハムファイターズ
大田泰示
近藤健介
有原航平

プロ野球の前後の記事

ページトップ