スポーツ百珍BACK NUMBER

バロンドールはいつまでメッシに?
30代でも世界最強のアスリートたち。

posted2019/12/05 19:00

 
バロンドールはいつまでメッシに?30代でも世界最強のアスリートたち。<Number Web> photograph by Getty Images

バロンドール授賞式に列席したリオネル・メッシ。史上最高の6度目、この記録はどこまで伸びる?

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

Getty Images

 またまたまたまたまたリオネル・メッシだった。

「フランス・フットボール(FF)」が選出するサッカーの最優秀選手賞、バロンドールの話である。メッシは2015年以来、そして自身通算6度目となる受賞となった。2009年に初めて同賞(FIFAバロンドール時代も含む)を獲得してから11年で6回目の同タイトルである。その期間、クリスティアーノ・ロナウドに4回、去年のモドリッチに1回譲っただけ。あらためて恐ろしいことをやってのけている。

 今回の得票は2位のビルヒル・ファンダイクと7ポイント差だったこともあり、「今年はCLを獲ったファンダイクの方がふさわしくない?」という声もある。その意見は腑に落ちる一方で、やはり“サッカーと言えばメッシ”という印象が強いからこそ、わずかな差で上回ったのだろう。

衰え知らずのメッシに畏敬の念。

 10代からバルサを背負ったメッシは、30代になっても衰え知らずである。どんなトレーニングをすればそんなボールタッチができるのかというドリブルに、まるでリプレーのようにゴールネット隅に突き刺す直接FKは名人の域に到達しつつある。

 この偉業、スペイン、アルゼンチンは当然のこと、サッカーの母国イングランドなど各国でも大きく称えられている。その中でスペイン紙『マルカ』の中に興味深い記事があった。

「10年もの間にわたって、エリートのパフォーマンス。メッシはいつまで選手寿命を伸ばしていくのだろう?」

 世界広しとはいえ、10代で頭角を現し、20代すべてで活躍し、30代でも主力として健在な選手は数少ない。それがバルサというメガクラブで、なおかつスーパーエースとして活躍しているメッシなのだから、驚きを超えて畏敬の念が生まれても不思議ではない。

【次ページ】 マラドーナにはW杯優勝があるが……。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

リオネル・メッシ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ