SCORE CARDBACK NUMBER

白熱の全勝対決となった早明戦。
新国立競技場の舞台で再戦なるか。
~ラグビーW杯効果もあり完売~

posted2019/12/19 18:00

 
白熱の全勝対決となった早明戦。新国立競技場の舞台で再戦なるか。~ラグビーW杯効果もあり完売~<Number Web> photograph by Nobuhiko Otomo

チケットは完売御礼、超満員の秩父宮で行われた95回目の対戦となる伝統の早明戦は、明治の勝利で幕を閉じた。

text by

大友信彦

大友信彦Nobuhiko Otomo

PROFILE

photograph by

Nobuhiko Otomo

 ハーフタイムにスタンドを振り返ると、視界に入ったほとんどの人が、何とも幸せそうな笑みを浮かべていた。

 12月1日、秩父宮ラグビー場。2万2987人の観衆が見守る中で行われたのは、関東大学ラグビー伝統の早明戦だった。昨季は明大が大学選手権で22季ぶりの優勝を飾ったが、対抗戦では早大に敗れ、1998年以来の単独優勝を逃していた。早大も、対抗戦の単独優勝からは2010年度を最後に遠ざかっていた。そんな名門両校だが、今季は明大が爆勝を連ね、早大は接戦を拾い、ともに無傷で伝統の一戦にたどり着いた。互いに全勝で最終決戦を迎えるのは実に25年ぶり。明大の田中澄憲監督が1年生の時以来だった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 604文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

早稲田大学
明治大学

ラグビーの前後のコラム

ページトップ