ラグビーPRESSBACK NUMBER

田中史朗&田村優のコンビが再結成。
キヤノンで、そして代表での「次」。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/11/27 20:00

田中史朗&田村優のコンビが再結成。キヤノンで、そして代表での「次」。<Number Web> photograph by AFLO

田中史朗と田村優の9、10番は日本代表の心臓だった。キヤノンで新たな挑戦が始まる。

田中は代表への気持ちを明言した。

「たぶんここから3年ぐらいが、僕は絶好調になると思うので、まだ自分が手にしていない日本一を。そこは絶対に獲りたいです」

 田村とは対照的に、田中は視線の先に代表をとらえる。

「目ざさなきゃいけないものですし、その気持ちがなかったらレベルも落ちていく。その気持ちを持ち続けながらやっていきたい」

 田中は田村より4歳年上だ。ベテランと呼ばれる年齢の真っただ中にいる彼にとって、より高いレベルに身を置きたいというアスリートとしての原初的欲求は、キヤノンでのキャリアを充実させるためにも必要なのだろう。

 いずれにしても、日本代表が2023年のW杯へ向けて動き出すのはトップリーグの終了後だ。それぞれに思いがあるとしても、田中と田村はキヤノンでの共闘に意識を傾けている。

 所属クラブで納得できるパフォーマンスを弾き出し、なおかつチームの成績を引き上げることによって、未来は開かれる。選択肢が増える。日本代表に選ばれる可能性も大きくなっていく。これまで何を成し遂げてきたのかではなく、これから何を成し遂げていくのかが自らの価値を決定づけていくことを、彼らは自覚しているのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
田中史朗
田村優
キヤノンイーグルス

ラグビーの前後の記事

ページトップ