プロ野球PRESSBACK NUMBER

「FA、すごい」と繰り返した6年前。
鈴木大地、楽天でもリーダーシップを。

posted2019/11/28 08:00

 
「FA、すごい」と繰り返した6年前。鈴木大地、楽天でもリーダーシップを。<Number Web> photograph by Kyodo News

11月27日、楽天入団会見を行った鈴木大地。背番号はこれまで背負ってきた「7」に決まった。

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 11月18日、ロッテからFA宣言していた鈴木大地が楽天への入団を決めた。

 思い出されるのは6年前の12月、鈴木がFAで入団してきた涌井秀章と対面したときのことだ。

 あの日、鈴木は涌井が待ち合わせの店に来る随分前から「緊張します……」と言って、直立不動で待機していた。涌井が店内に入ってくると深々と頭を下げ、「ロッテの鈴木大地と言います。涌井さん、来季からよろしくお願いいたします」と丁重に挨拶した。

 涌井は「大地君、よろしくね。でも、そんな丁寧にしなくていいよ。適当に、適当に」と肩の力を抜くように促したが、鈴木は「いや、ダメです。これからチームメイトになっていただくわけですから」と姿勢を崩さず、涌井も「だから、ラフな感じでいいから(笑い)。プライベートの食事なんだから」と返し、その問答が何度も繰り返された。

「FAですよ、FA。すごいです」

 同席していた唐川侑己が早々に涌井と打ち解ける一方で、鈴木は憧れの眼差しでFA移籍してきた涌井の言葉に耳を傾けていた。

仲間、ファンも認めたリーダー。

 真面目で、律儀で、熱い男、鈴木大地。若手のお手本となり、リーダーとして必要とされる人材。

 一度会えば、誰もがそう思うだろう。2014年には入団3年目ながらキャプテンに任命され、今年は選手会長を務めた。プロ8年間で全試合出場5回、140試合以上の出場が7回。ルーキーイヤーを除けば、すべてのシーズンで140試合以上に出ている。

 30代に入った今年は、レギュラーが確約されない中でファーストを中心に内野の各ポジションとレフトを守るユーティリティーな働きを見せた。

【次ページ】 「東北の皆さんに感動するプレーを」

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鈴木大地
千葉ロッテマリーンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ