松岡修造のパラリンピック一直線!BACK NUMBER

修造、驚嘆! パラ水泳・成田真由美が
アトランタ大会を目指すまでの道のり。 

text by

松岡修造

松岡修造Shuzo Matsuoka

PROFILE

photograph byYuki Suenaga

posted2019/11/04 09:00

修造、驚嘆! パラ水泳・成田真由美がアトランタ大会を目指すまでの道のり。<Number Web> photograph by Yuki Suenaga

難病、交通事故、練習プールが無い、過酷な練習……多くの困難を事も無げに語る成田真由美さんに松岡修造さんも脱帽気味。

「サクラのコーチが私を受け入れてくれた」

松岡「プレ大会でも優勝……。その才能は何なんですか。スポーツ万能の少女だったとは聞いてます。陸上でもバスケでも、得意なスポーツは他にもあった。なぜ一番苦手な水泳を選んだのでしょうか?」

成田「さっきも言いましたが、リレーに誘われたから(笑)」

松岡「でも、向いているかどうかわからないじゃないですか」

成田「結果的に世界大会でも優勝できましたからね。向いていたんだと思います。で、事故にあって、そこで仲間の存在を深く感じたでしょ。毎週末、わざわざ福島まで仲間がお見舞いに来てくれて、やっぱりこの仲間と一緒に泳ぎたいって強く思うようになりました」

松岡「その自信がうらやましいです。またやれる。アトランタにも絶対に行けるわって。その自信がどこから来るのか教えて下さい」

成田「自信というか、ただ泳ぎたい、速くなりたいという一心でした。次にプールを探さなきゃと思ったのも、私としては自然の流れで……。でも、車いすだから、障がい者だからという理由でサクラスイミングに出合うまでに6カ所断られたんです。

『車いすの人が何で泳ぐ必要があるの』って言われたり、今ほど障がい者スポーツが身近な時代ではなかったですから。でも、7カ所目にサクラのコーチが私を受け入れてくれて、そのコーチが福元寿夫さんなんですけど、水球の元オリンピアンなんですね。

 福元さんは障がいを否定せず、『開会式がすごく感動したから、お前もパラの開会式に出て感動してこい』と。そこからアトランタまで10カ月間、厳しいコーチの指導のおかげでめきめき上達していったんだと思います」

棟石「自分で『上達した』と言えるのはすごい(笑)」

成田「ハハハ、おかしいね。でも、上達したのよ(笑)」

松岡「その短期間でできちゃうのがすごいんだよな」

成田「それまで水泳をまったく知らなかったから、かえって毎日の練習が楽しくて、今日はコーチがどんなメニューを出してくれるんだろうってワクワクしてました」

松岡「僕も水泳をやっていて、テニスをやる前まではわりと全国でも上位の方にいたんです。でも、練習に耐えられなかった。目の前には水しかない。練習内容も繰り返しばかりできつい。僕には向いていないと思って、それでテニスに転向した。真由美さんにとって水泳の楽しさはどこにあったんでしょうか」

【次ページ】 2020年の東京でも「選手」として。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

成田真由美
松岡修造
東京パラリンピック
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後のコラム

ページトップ