ゴルフPRESSBACK NUMBER

ウッズ82勝目。歴史に並んだのは、
「僕」ではなく「僕ら」だ。
 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2019/10/29 20:00

ウッズ82勝目。歴史に並んだのは、「僕」ではなく「僕ら」だ。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

近く見えた時期、届かないように見えた時期を乗り越えて、タイガーは82勝目を日本で手にした。

松山英樹の追撃を振り切って。

 手術後初の実戦ということは心配されていた。悪天候による不規則進行は、そんなウッズの肉体にさらなる負担をかけ、ウッズ自身も「1日29ホールを実戦でプレーしたのは手術後初めてだった」と不安を隠し切れなかった。

 しかし、どんな困難に直面しても必ず乗り越えてきたウッズだ。

 月曜日に持ち越されたラスト7ホールを、ウッズは決して無理や無茶をしない大人のゴルフで乗り切り、追撃をかけようと必死の形相だった松山英樹を振り切り、最後はバーディーパットをねじ込んで3打差で勝利。ついに、ウッズの勝利数は「82」になった。

「僕」ではなく「僕らは」と言った。

「4度目の手術後、82という数字が再び現実的になり、そして今、スニードの記録についに並んだ」

 メディアセンターがそのまま会見場になっていた今大会。壇上に座ったウッズは、日本や米国、世界のメディアに向かって、感慨深げに、そう言った。

 スニードが1965年に「82勝」を打ち立てたのは52歳のときだった。ウッズは現在43歳。1996年の初優勝以来、ウッズの歴史は、ところどころでスローダウンしたり、止まったりしてきたが、それでもなお誰よりも速いスピードで前進を続けている。

 最終日をウッズと同組で回り、歴史的瞬間を間近で眺めたゲーリー・ウッドランドは「まるでジョークじゃないかと思えるぐらい、タイガーのゴルフは今、素晴らしい。タイガーの歴史を止めることは誰にもできない」と、興奮気味だった。

 ウッズの歴史が動いた日。習志野でウッズを応援した人、テレビ中継を眺め続けた人、みんながさまざまな形で「ウッズの思い出」を刻んだことだろう。

 書き手である私の胸の中に一番響いたのは、ウッズが優勝会見で口にしたこんな言葉だ。

「そして今、スニードの記録に、ついに並んだ」

 このときだけウッズは「僕」ではなく「僕らは」と言ったのだ。

“We are tied.”

 僕らは歴史的記録に並んだ。みんなのおかげで、歴史が動いた。そのとき主語が「僕」ではなく「僕ら」だったことが、私には何よりうれしく感じられた。

BACK 1 2 3
タイガー・ウッズ
松山英樹

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ