ゴルフボールの転がる先BACK NUMBER

“大成功のZOZO”の裏で痛感した差。
日本ツアー選手たちの葛藤と課題。

posted2019/11/05 18:00

 
“大成功のZOZO”の裏で痛感した差。日本ツアー選手たちの葛藤と課題。<Number Web> photograph by AP/AFLO

タイガーに次ぐ2位で大会を終えた松山英樹。プレーでも、メンタル面でも、存在感を見せつけた。

text by

桂川洋一

桂川洋一Yoichi Katsuragawa

PROFILE

photograph by

AP/AFLO

 まさか、と言うべきか、やはり……が正しいのか。実力差は数字になって表れてしまった。

 タイガー・ウッズがサム・スニードに並ぶ通算82勝目を挙げた“ZOZO”。松山英樹が歯を食いしばって2位に入った“ZOZO”。日本で史上初めて開催されたPGAツアーは、諸々の心配を覆い隠すほどの成功を収めた。

 待望のZOZOチャンピオンシップは大雨の影響で大会2日目のラウンドが順延され、3日目も無観客試合を余儀なくされたが、期間中のべ5万5000人のギャラリーが来場した。悪天候下で一時的に壊滅状態になったコースも、短時間に見事に修復され、日本のゴルフ場の優れたマンパワーを世界に示す結果になった。

 煌びやかな記憶を刻んだからこそ、伏し目がちにやり過ごしたい事実もある。

 日米共催トーナメントで、日本ツアーのメンバーが4日間を通じて上位を脅かすことは結局なかった。最高位は米国を主戦場にする小平智の37位。賞金ランキングトップ(当時)で迎えたチャン・キムは41位、同2位の今平周吾は59位、3位石川遼は51位に終わった。

「ショートゲームのうまさが別格」

 今シーズン、初勝利を挙げて大会に出場した若手も一様に「完敗」を認めるほかない。

 浅地洋佑は2勝目を飾った9月のANAオープン以降、調子が下降していた。それでも「自分が絶好調だったとしても、(ウッズの)19アンダーまでは行かなかったと思います」と振り返った。理由はシンプル。

「見ていたら技術が圧倒的に違う」

 試合中はさておき、ラウンド前後のPGAプレーヤーの様子に思わず驚いた。「アプローチ練習場で見たんです。タイガーやトミー・フリートウッド、ジャスティン・トーマスにロリー・マキロイ……ショートゲームのうまさが別格でした。球のさばき方がメチャクチャうまい。なんてことのないライから、何通りもの打ち方ができるように見えた」と足元をじっと見た。

【次ページ】 戸惑いと思考の違い。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川遼
松山英樹

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ