ゴルフPRESSBACK NUMBER

百戦錬磨ウッズのダーツ・ゴルフ。
「出だしはアグリー、今はいい感じ」 

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2019/10/25 20:30

百戦錬磨ウッズのダーツ・ゴルフ。「出だしはアグリー、今はいい感じ」<Number Web> photograph by AFLO

久々の日本でのラウンドを固唾をのんで見守るギャラリー。そこで初日首位発進をするのだからタイガー・ウッズはスターなのだ。

冴えるアイアンとパッティング。

 ウッズの発想の転換や強靭な気力、諦めない精神が大挽回につながったことは確かだが、この日、ウッズのスコアカードを現実的にクリーンたらしめたものは、アイアンショットとパッティングの冴えだった。

「アイアンは練習と同じように、いい感じで打てた。グリーンはソフトだったから、ピンを攻めていくことができた」

 順位が1位タイなら、パーオン率も1位タイ。そこにパッティングの冴えが加わり、次々にバーディーパットをねじ込んでいった。

「パットもいい感じで、よく入ってくれた」

 柔らかいグリーンはボールを受け止めてくれるから、ピンをデッドに狙っていける。ピンを攻めて、パットを入れていく「ダーツ・ゴルフ」は、ウッズが悪天候下で頻繁に口にするもう1つの口癖でもあり、百戦錬磨のウッズだからこそ、どんな悪条件にも対応していくだろう予感がする。

順延明けも「ダーツ・ゴルフ」で。

「長い週末になると思う」

 そんなウッズの言葉通り、ZOZOチャンピオンシップ2日目は豪雨のため順延となり、3日目は36ホール、そして最終日と進んでいく予定になった。

 コースはぬかるみ、グリーンはさらにソフトになることは不可避。そうなれば、アイアンとパターの冴えを生かす「ダーツ・ゴルフ」こそが、豪雨のあとの習志野を攻略する理想形となる。

「出だしはアグリーだったけど、今はいい感じだ」

 そんなウッズの82勝目が日本で達成されることが現実的になってきた。

関連記事

BACK 1 2
タイガー・ウッズ

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ