ゴルフPRESSBACK NUMBER

石川遼は今が最高に「いい状態」。
日本初のPGA大会で見た明るい顔。

posted2019/10/23 11:50

 
石川遼は今が最高に「いい状態」。日本初のPGA大会で見た明るい顔。<Number Web> photograph by Kyodo News

石川遼の状態は上向きで、表情も柔らかい。選手会長の重責を担いながらの復活には頭が下がる。

text by

舩越園子

舩越園子Sonoko Funakoshi

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 今週24日に開幕するZOZOチャンピオンシップは、日本で初開催される米PGAツアーの大会だ。その会場、アコーディア・ゴルフ習志野CCのクラブハウス近くに設けられたメディアセンターは、そのまま会見場としても利用できる米ツアーならではの仕様になっている。

 開幕前の練習日とされていた22日、石川遼が会見に呼ばれ、壇上に座った。記者席を見渡した石川の視線が、たまたま私を捉えたらしい。すると石川はにっこり笑って、わざわざ会釈してくれた。

 彼の笑顔は「お久しぶりです」と言っていたのだと思う。もちろん私も同じように「お久しぶりです」の意味を込めて会釈を返した。

 選手とメディアの間でこんなやり取りができるのは、石川ならではである。彼の礼儀正しさ、謙虚さは、彼が米ツアーに出場していた2年前までと、まったく変わっていない。

16歳当時を思い出すほどの「いい状態」。

 だが、米ツアーに出ていた当時と変わっていたのは、石川の表情だった。穏やかな笑顔は、今年の日本ツアーで日本プロ選手権と長嶋茂雄招待セガサミー杯を制し、出場2試合連続優勝を遂げたことで得られた自信の表れなのだろう。

 そして、米ツアー時代に最後まで悩まされ、その後の日本でも苦悩してきた腰痛がようやく改善され、望んでいるゴルフができるという喜びの表れでもある。

「今年の春まで腰痛との戦いだった。腰をかばってスイングが悪くなることもあった。今年5月から、きつくトレーニングして腰痛が改善されて、今一番いい体の状態でプレーできている。やりたいスイングができている」

 それは、プロになった16歳当時を自分で思い出すほどの「いい状態」だそうで、それは28歳の現在の石川が、苦悩してきた過去と決別し、「新生・石川遼」になったことを思わせる。

【次ページ】 カムバックではなく、新しい挑戦。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

石川遼

男子ゴルフの前後のコラム

ページトップ