Beyond The GameBACK NUMBER

筒香嘉智のやる気スイッチ。
~衛星放送でボンズを観た日~

posted2019/10/28 08:00

 
筒香嘉智のやる気スイッチ。~衛星放送でボンズを観た日~<Number Web> photograph by KYODO

松井秀喜のワールドシリーズMVPから10年。和製大砲がメジャーを目指す。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

KYODO

 キミのやる気スイッチはどこで入るのか? 横浜DeNAベイスターズ・筒香嘉智外野手の本気スイッチが入ったのは、中学校3年生になる直前の春のことだった。

 中学校入学と同時にボーイズリーグ所属の少年野球チーム・堺ビッグボーイズに入団していたが、当初は成長痛などから本格的に野球に取り組むことができずに基礎トレーニングを積む日々が続いていた。それでも自宅では兄の裕史さんの指導で打撃を磨き、そしてこの春の兄のひと言で筒香のやる気スイッチが押されることになる。

「そろそろ試合でも本気でいかなあかんよ」

 高校への進学も控えて野球を続けていくためには、少年野球の世界でも実績を作らなければならない時期だった。そしてこの言葉で筒香少年が引っ張り出してきたのが、少し前に兄から貰い、大事にしまっておいた金属バットだった。すでに廃番となっていたミズノ社製の松井秀喜モデルである。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 899文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

横浜DeNAベイスターズ
筒香嘉智
松井秀喜

プロ野球の前後のコラム

ページトップ